Midnightjapan

Disk Formatter 物理フォーマット(ローレベルフォーマット)

by jun on 6月.26, 2012, under Windows, Windows7

BUFFALO の Disk Formatter Ver.2.06 で物理フォーマット(ローレベルフォーマット)というものをやってみた。

なぜなら地震被害にあい1TBのHDDが壊れたからだ。

2012年6月01日地震埼玉県越谷市震度4

2012年6月01日地震埼玉県越谷市震度4

2012年6月1日に発生した久々の強い揺れにおののき、慌てて外にかけだしたほどだった。

ふと戻って見ると、MacBookAirに接続してバックアップ中だったUSB接続の外付けHDDがなんとパタンと横に倒れてるじゃあありませんか・・・

しかも・・・HDDはカッコンカッコンと音がなっていて、OS上ではエラーが発生したためコピーを中止しますとアラートが表示されている。

すでにマウントも解除されている。

まずい・・・。

しかし正常に認識するので、とりあえずコピー再開すると、カッコンカッコン言って切断されてしまう。

まずい・・・。

まぁバックアップだからなんとかなるかなぁ・・・いや、つい先日バックアップのバックアップはHDDの寿命に付全部消してしまったぞ。

ぐはw

WindowsにUSB接続すると、認識はされる。

いくつかの破損ファイルがあったが無事にバックアップできた。

このドライブはエラーがあるため修復が必要ですとWindowsがしつこくエラーをだすので、「ファイルシステムエラーを自動的に修復する」と「不良セクタをスキャンし回復する」オプションを選択して修復を実行した。

たぶんchkdskコマンドのGUI版だろう。

午後3時ころ実行開始>翌日午前6時いまだに終了しない。

進捗もわからないので、キャンセルボタンをポチ。

というわけで、HDDを初期化して復旧しようということなわけです。

ドライブ:Hitachi HDT721010SLA360(容量:1TB 回転数:7200rpm キャッシュ:16MB インターフェイス:Serial ATA300)

外付ケース「OWL-ESQ35/U3シリーズガチャポンパッ! SMART3.0」に接続して利用していた。

USB接続だとフォーマットも遅いときき、ケースは変更

外付ケース「OWL-ESQ35/EUシリーズガチャポンパッ! SMART」に接続して作業をはじめた。

 

基本的にWindowsではクイックフォーマットと通常フォーマットしかない。

なにが違うかまとめておこう。

・Windowsクイックフォーマット

実領域には読みも書きもせず(MFT作成して、先頭と末尾にシークできたら終了) 所要時間数秒で完了するが、不良セクタのチェックもなにもせず、実際のデータも残ったままとなる。

・Windows通常フォーマット

クイックフォーマット+αといった感じ(MFT作成+全領域を読み込み+不良セクタのチェックリードスキャン) 1TBで接続環境にもよるが数時間かかる。

Windows標準のツールではここまでしかできない。

そこでBuffalo Disk Formatterの出番です。このフォーマッターならWindows上からできる。心配なのはちゃんと仕事してるのかさっぱりわからないことくらい。

・物理フォーマット

物理フォーマットは全領域リード・ライト・ゼロフィル、エラーの検出と代替セクタのマッピングを行う。ただし厳密にはソフトウェアにより仕様が異なる。HDDには負担がかかるが、軽度のエラーが発生している場合は対応策として役立つ。

Buffalo Disk Formatterにはこの物理フォーマットの機能があるので、さっそく実行してみるが、オプションもないのでなにを実行しているかは皆目見当がつきません。

とりあえず実行して見るとこんなアラートが表示される。

DiskFormatterアラート

DiskFormatterアラート

単純計算しても、おびただしい日数がかかることになる。

この手のアラートは接続環境が複数あり特定しにくいので、かなり多めに見積もってあるのがセオリーだが、いくらなんでも目安にもならない。

これはいかんけど、CHKDSKで尋常ではない時間がかかることは理解していたので、しかたなく数日実行する覚悟で「はい」を選択してみることに。

Buffalo Disk Formatter

Buffalo Disk Formatter

実行中はこんな画面です。ステータスバーはいったりきたりするだけで、どれくらい進んでいるかも、どれくらいかかるかもまったくわかりません。あくまで結果的に何分かかっているかが表示されているだけです。

開始早々は一生懸命書き込んでいる感じがします。

10分くらいするとHDDはカッコンカッコン言っている。これはこわいw

20分ほどするとまた静かになった。

確実に破損またはまずい状態になっている気がする・・・?

まぁバックアップに保険がない今となっては、確実なHDDは買わないといけないので、購入するとしてもバックアップのバックアップくらいにはなってくれると非常に助かる。

今度はどんな構成にしようか妄想しつつ、待つ事4時間半。

物理フォーマットが終了しました。

これで安心して論理フォーマットするとカコンカコン言われるのも怖いし、Mac/Win兼用でビッグボリュームも扱えるExFATにしたかったため、USB接続のケースに変更します。

USB接続後、PCを再起動してからコントーロールパネル>管理ツール>コンピューターの管理>記憶域>ディスクの管理から物理フォーマットが完了した未使用領域を選択。Windows通常フォーマットを選択。

Windows通常フォーマット

Windows通常フォーマット

これも非常に時間がかかりますが、使えない領域があった場合、HDDとして致命的なので念には念を入れて通常フォーマットします。

待つ事30分。

フォーマット中3%あたりで異音が発生し・・・4%まできたところでカコンカコンと・・・。

そしてフォーマットは中断された。

論理フォーマット失敗

論理フォーマット失敗

だよね・・・。そんなことも想像してたんだ。

たぶんUSBみたいに電力とられると、発生するってことは磁気データのピックアップ部分の破損と断定していいね。

やっぱり倒れた時の衝撃でピックアップ部分が壊れて、特定の部分をシークしに行くと読み出せずエラーに。

こんな危険なHDDを外付けにするなら、Windowsバックアップ専用にしてしまおう。

ということで、eSATA接続にしてNTFSにしたら、その部分を乗り切れるかも?

そんな危険なことしてでも使いたいわけじゃないんだけど、こうなったら、ほぼ意地。

実行して見ると、乗り切ったぞ3%?4%!

ってことは、先頭らへんから5%に値する50GBくらいの捨てデータをいれてみよう。いや、いっそパーティションきってみよう。

無事3時間後フォーマット終了。

忙しいときは見限って新品購入する事をお勧めします。

参考まで。

 


4 Comments for this entry

  • 熟年のPC素人です

    こんにちわ

    たまたま,「DiskFormatterを強制終了させたあと」とyahooで
    入れて,検索しましたら,こちらにたどり着きました。

    間違えて,マニュアルもよく読まず,物理フォーマットというのを
    2Tの外付けHDDに実行してしまいまして,上の書いておられるような
    進行状況のさっぱりわからない表示(緑色のバーが,左から右へ
    動くだけ)が延々と続き,10時間ほどしたところで,素人ゆえの
    浅はかさで,もういいや,と,パソコン(Win7)を終了してしまい
    ました。

    そのあと,立ち上げてみて,あれ,まったく認識しない,という
    ことにやっと気づき,その後,ネットでいろいろと調べたところ,
    これはとんでもないことになったのでは,とわかり・・・・

    と,そういうときに,ここにたどり着きました。上を読ませて
    いただきますと,1TのUSB外付けのHDDで,4時間とありました
    ので,もうちょっと放っておけばよかったのかなとも,思いましたが,
    折角ですので,お詳しそうな方と推察しましたので,あつかましくも
    ここに書き込みをさせていただき,もしもなにかアドバイスを
    いただければとお願い申し上げます。

    • jun

      熟年のPC素人様、コメントありがとうございます。
      2TBの物理フォーマット中に電源ブツリですかぁ・・それは災難でしたね。
      まずは新しく購入したHDDであれば物理フォーマットはあまり必要ないです。
      基本的には新品にデータが存在しませんからね。
      余計に消耗してしまいますので純粋にもったいないです。
      私のように破損エリアを使えるようにしたい時や、残っているデータをできるだけ復元させたくないなどの理由があって物理フォーマットする場合は以下の通りです。

      物理フォーマットの場合、セクタ数に比例するため接続や性能あまり関係なく1TBの倍以上の時間がかかると思います。
      心配なのは物理フォーマット中に電源を落としたりすると、HDDのヘッドやセクタ以上になる可能性もすてきれません。
      そこでまた時間がかかったり、正常に終わらないことがありますので、寝る前や外出前に実行して、あてにしない状態にしましょう!
      数日かかる等した場合は、不良を念頭に対応してください!
      参考なればいいのですが・・・・

  • jun

    さらにその翌日、バックアップパーティションにエラーが発生して、Windowsがボリュームにエラーがあると言ってきました。

    まぁまぁと黙っていると、バックアップも完了して放置してあったはずのHDDから・・・再度悪魔の音が・・カコンカコン・・・。
    さらに数時間放置しておくと・・・。

    スカラカンスカラカンと音が高速になり、尋常ではない異音になったためPC停止してHDDを取り外し、廃棄処理することにしました。

    ピックアップ部分の破損は徐々に悪化して最終的に使えなくなるといういい例になりました。

    皆様も取り扱いには十分ご注意ください。

  • jun

    その後、先頭50GBを捨てパーティションとして以降950GBをバックアップパーティションにしてバックアップ成功しました。

コメント返信

*



何かお探しですか?

以下にキーワードを入力してサイト内検索が可能です:

Still not finding what you're looking for? Drop a comment on a post or contact us so we can take care of it!