Midnightjapan

健康智能手? Bluetooth4.0 ブレスレッド セットアップ編

by jun on 8月.26, 2014, under Blog, Bluetooth

こんばんわjunです。

久しぶりのBluetooth人柱ネタ2台目でございます。

今回はまだ大々的に販売されていないかもしれない極レアな中国品をまさに人柱としてレビューします!

対応機種は
Android4.3以上、iOS7以上の機種で利用可能。Bluetooth4.0に対応しています。
商品名は「健康智能手?」と書いてある。意味は不明!

目的は健康管理ブレスレットですね。

さっそく商品をみてみましょう。

健康智能手? 箱

健康智能手? 箱

唯一英語のページはここだけで、見てもあまりよくわかりません。

健康智能手? マニュアル

健康智能手? マニュアル

健康智能手? 本体表

健康智能手? 本体表

健康智能手? 本体裏

健康智能手? 本体裏

裏は意外としっかりできていて、水泳はきびしいと思いますが、生活防水は嘘ではなさそうです。
ここからが中国製の問題、一見なるほど簡単そうだけど、日本なら確実に欠陥品。
充電台に乗せただけでは充電せず・・・セロテープで張り付ければちゃんと充電しました。
充電の接触部分が下から押し上げる、そうするとガイドから外れる、充電されない。
単純な設計ミス・・・さすが・・・・

健康智能手? 充電

健康智能手? 充電

アプリは二次元バーコードをスキャンするとWristBandという英語で表記されたアプリがみつかり、ダウンロードしてインストール。

この手の機械はBluetoothのペアリングだけでは目的が不明なため、接続されずアプリ側で管理するらしい。そんなわけでアプリをダウンロードして使っていただきたい。

アプリ起動>Sleep/BTモードでブレスレッド起動>BT接続>アプリのセットアップ
ひととおりSetupから設定が終わったら完了。
2014/8/26現在、Firmwareは以下の通り。

Wrist Band Setup Firmware

Wrist Band Setup Firmware

このブレスレッドは、動きを感知するのが主たる目的で、ここから睡眠状態、移動歩数を計算している。
体重を登録することで、BMIも計算して記録できる。

余計な画面がないため、1週間以上は余裕で電池が持つ。

面倒なのは、運動時にエクササイズモードに切り替えないといけないこと。
もう少し自動で判定してくれると楽しいのだが・・・
寝る時も同じでSleepモードにする必要があります。

:, ,

1 トラックバック or ピンバック をこの投稿に送る

コメント返信

*



何かお探しですか?

以下にキーワードを入力してサイト内検索が可能です:

Still not finding what you're looking for? Drop a comment on a post or contact us so we can take care of it!