Midnightjapan

MacBook Air 13″ Windows7 64bit 運用1週間後ログ

by jun on 12月.09, 2010, under Mac, MacBook Air, Windows7

MacBook Air 13″ に Windows7 Proffessional 64bitを導入してから1週間が経過した。

実際にはシステムを5回インストールしなおした。

その実行結果を記す。

最初のうちはBootcamp+Parallels Desktopで利用する場合を想定して構築していました。

これが何度も入れなおす原因となりました。以前の記事で書きましたが、Mac上の仮想としてBootcamp領域を利用すると、32bitで動作していそうな感じ?で環境変数も変わる感じで、いろいろ問題が発生するのです。

■マルチ仮想環境として構築した大きな問題は下記の通り

・カスタム辞書が使えない

・仮想からではBootcampコントロールパネルが実行されない。あたりまえのようなことですが、実際に機能も遮断されるため問題です。(このためタッチパッドの右クリックやファンクションキーの割り当てなどができません)

・一部のソフトで再認証が必要になる。

・32bitで動いてないかい?

・ネットワークが認識しない。

・MacOSX上から有線LANや無線LAN、さらにはeMobile接続を行う私にとってはネットワークの切り替えが自由にできず、仮想として起動するたびに再認識させる必要がある。

これなら仮想用の専用環境のほうが使い勝手がよいことになります。問題はいくつものOS上での混乱ですが、すでに慣れてしまっている私には、あちこち使えない機能を補うことのほうが大変だと認識したため4度目のインストールでマルチ仮想環境の構築はあきらめました。

そして最後のOSインストールで現在完成状態。

■ インストールした際に発生した問題

・Windowsアップデートした後、再起動したら起動しなくなった。

>5回中1回発生したレアケース。Windows7の標準機能で復旧できました。再起動したら正常に起動しなかったので、システム復元モードに移行して、不明なエラーがでながらも復元してみたら起動するようになりました。

・Bootcampが作成するWindowsサポートファイルでドライバーのインストールに失敗して一部のデバイスを認識しない。

>これも1度だけ発生しましたレアケースです。Windowsサポートファイルの再インストールですべてのドライバーが認識されました。もしかしたらスリープになってしまってトラブったのかもしれません。

・ネットワークが認識しない。

>これは何度か発生しました。Bootcampの切り替えで仮想として起動すると認識しなくなり、Bootcampだと正常に認識するのですが、この切り替えで発生したのかもしれません。デバイスマネージャーから削除して、ハードウェア変更のスキャンを行うと正常に動作するようになります。

・理由がわからないが、「システムの復元」ができない。

システムの復元がだいたい失敗します。これは検証中ですが、だいたい復元できません。Windows7ではいままで味わったことのない危険性ですが、アラートだけなのか、なんなのか調査中です。

・Filemaker 10のインストールに失敗する

>ファイルメーカー10なんでね、ちょっと前のバージョンですからしかたないのかもしれませんが、インストールに失敗します。また10.0.3アップデートだったかな、アップデートパッチに失敗したりもしました。何度か繰り返すとインストールできるので、大した問題と思えません。

以上です。

最後に現在の環境です。

MacBook Air 13″ 2GB RAM/128GB SSD 未改造+Bootcamp+Parallels Desktop6

Windows環境:各種遠隔操作システム+Adobe cs3+Office2003+各種ブラウザ+Thunderbird

Mac環境:Open Office+Gimp+Parallels Desktop(ChromeOS+Ubuntu9.10+Windows7Bootcamp)

この使い方でほとんどデータはサーバーにいれてるので入っていません。そのまま環境構築のみのディスク容量だと思ってください。そんな現状はこんな感じです。

MacBook Air ディスク領域

MacBook Air 13" ディスク領域

本当にさ、店員・・・ぶっとばしたい。

店員おまえ俺にこういったよな・・・

「MacBookAirにだったらメモリ2GBと128GBSSDで十分なんですけどね」

おまえわかってないな。マジでギリギリなんだけど。メモリもSSDも。本当に今思っても悔やみきれません。こんなことをしたいと思っているそこのあなたは絶対にSSD多め+メモリ4GBにしてね!

そうじゃないと、MacOS+Linux+Windowsのトリプルブート環境はきびしいし、仮想環境なんて無理だからね!

それにですよ・・・このスタイルのいいMacBookAirにごちゃごちゃと周辺機器をつけたいのなら、どうぞ。

わたしはいやですね。たとえUBSメモリだけでも出っ張ってほしくないです。

そうは思いませんか?みなさん。

さて・・気をとりなおして総論です。

困っている点はWindows自体の問題で、いまのところ普通のWindows機として利用可能であることはどうでもいい私の評価ではございますが太鼓判をおせますね。

Junのいうことなど、あまり評価対象にしないでくださいね。

じゃあブログに書くなよって?いえいえ、タイトルのとおり、これ私的なログですから。ご勘弁を。

:, , ,

コメント返信

*



何かお探しですか?

以下にキーワードを入力してサイト内検索が可能です:

Still not finding what you're looking for? Drop a comment on a post or contact us so we can take care of it!