Midnightjapan

Author Archive

Macにファイルメーカーサーバー15.0.3アップデートでWEBサーバー停止!?

by jun on 12月.24, 2016, under FileMaker, Mac OS X

久しぶりに最新ファイルメーカーをセットアップすることになりました。
プラットフォームはMac(MacOS Sierra v10.12.2)です。
ファイルメーカーサーバー15を1台構成でセットアップします。
最初のインストール時は15.0.1でしたので、ファイルメーカー社のホームページからダウンロードして15.0.3をインストールします。
まず最初にファイルメーカーが動いているのでアップデートできないとしつこく文句をいってきます。管理コンソールですべてとめますが、Webサーバーにはスイッチなどありません。もちろんfmsadminコマンドもありません。
仕方がないのでターミナルからプロセス探し出して、プロセスをkillします。

MidnightMac-Pro:~ japan$ ps -ax|grep http
  294 ??         0:00.25 /usr/sbin/httpd -k start -D FILEMAKER -f /Library/FileMaker Server/HTTPServer/conf/httpd.conf
  306 ??         0:00.74 /usr/sbin/httpd -k start -D FILEMAKER -f /Library/FileMaker Server/HTTPServer/conf/httpd.conf
  478 ??         0:00.85 /usr/sbin/httpd -k start -D FILEMAKER -f /Library/FileMaker Server/HTTPServer/conf/httpd.conf
  533 ??         0:00.66 /usr/sbin/httpd -k start -D FILEMAKER -f /Library/FileMaker Server/HTTPServer/conf/httpd.conf
  619 ??         0:00.38 /usr/sbin/httpd -k start -D FILEMAKER -f /Library/FileMaker Server/HTTPServer/conf/httpd.conf
  620 ??         0:00.37 /usr/sbin/httpd -k start -D FILEMAKER -f /Library/FileMaker Server/HTTPServer/conf/httpd.conf
  621 ??         0:00.37 /usr/sbin/httpd -k start -D FILEMAKER -f /Library/FileMaker Server/HTTPServer/conf/httpd.conf
  701 ??         0:00.01 /usr/sbin/httpd -k start -D FILEMAKER -f /Library/FileMaker Server/HTTPServer/conf/httpd.conf
  702 ??         0:00.16 /usr/sbin/httpd -k start -D FILEMAKER -f /Library/FileMaker Server/HTTPServer/conf/httpd.conf
  703 ??         0:00.01 /usr/sbin/httpd -k start -D FILEMAKER -f /Library/FileMaker Server/HTTPServer/conf/httpd.conf
  798 ttys000    0:00.00 grep http
MidnightMac-Pro:~ japan$ sudo kill 294
Password:[応答]
MidnightMac-Pro:~ japan$ ps -ax|grep http
  813 ttys000    0:00.00 grep http

これでバージョンアップできるようになりました。
インストールがおわって管理コンソールにログインするとまたWebサーバーが動きません。

ファイルメーカーサーバー15 WEB サーバー状態

ファイルメーカーサーバー15 WEB サーバー状態

スイッチもないしマニュアルさがしてもコマンドでてないし、しばらくググってダイレクトな情報もなかったのでターミナルで調査することに。
/var/logをみてもファイルメーカーの管理下でやってることなので何も情報ありませんでした。
そこからファイルメーカーサーバーの中を調べてみるとこんなものが。

ls -la /Library/FileMaker\ Server/
drwxrwxr-x   8 fmserver  fmsadmin     272 12 24 09:40 Admin
drwxrwxr-x   7 fmserver  fmsadmin     238 12 24 12:37 CStore
drwxrwxr-x   3 fmserver  fmsadmin     102 12 24 09:39 Common
drwxrwxr-x@ 12 fmserver  fmsadmin     408 12 24 09:40 Data
drwxr-xr-x  10 fmserver  fmsadmin     340 12 24 12:39 Database Server
drwxrwxr-x   9 fmserver  fmsadmin     306 12 24 09:39 Documentation
-rw-r--r--   1 fmserver  fmsadmin  185122  1 25  2016 FMS Acknowledgements.pdf
-rw-r--r--   1 fmserver  fmsadmin  370665  4 13  2016 FMS License.pdf
-rw-r--r--   1 fmserver  fmsadmin  100290 10 27  2015 FMS Read Me (English).pdf
-rw-r--r--   1 fmserver  fmsadmin   75096 11 16  2015 FMS Read Me (French).pdf
-rw-r--r--   1 fmserver  fmsadmin   73750 11 16  2015 FMS Read Me (German).pdf
-rw-r--r--   1 fmserver  fmsadmin   74734 11 16  2015 FMS Read Me (Italian).pdf
-rw-r--r--   1 fmserver  fmsadmin  153224 11 16  2015 FMS Read Me (Japanese).pdf
-rw-r--r--   1 fmserver  fmsadmin   73478 11 16  2015 FMS Read Me (Swedish).pdf
drwxr-xr-x  10 fmserver  fmsadmin     340 12 24 10:02 HTTPServer
drwx--x--x   5 fmserver  fmsadmin     170 12 24 09:41 Library
drwxrwxr-x   8 fmserver  fmsadmin     272 12 24 09:40 Logs
drwxrwxr-x   6 fmserver  fmsadmin     204 12 24 10:10 Web Publishing

HTTPServerなるフォルダーがあります。
このHTTPServerの中にLogsフォルダーがありApacheのログがあります。あたりを引いたのは「httpdctl.err」ここにこのようなエラーがずらっと並んでいました。

httpd: Syntax error on line 476 of /Library/FileMaker Server/HTTPServer/conf/httpd.conf: Could not open configuration file /Library/FileMaker Server/Web Publishing/publishing-engine/php/null/httpd.fmi.conf.php: No such file or directory

というわけで「/Library/FileMaker Server/HTTPServer/conf/httpd.conf」480行目をみてみると476行目に同文がありました。
そこでそんなパス無いよと怒っているパスをたどっていきました。
「/Library/FileMaker Server/Web Publishing/publishing-engine/php/」までは正常ですがnullってたしかになんぞ?と・・・どうもOSのバージョンを取得できずにnullになってしまっているために追加設定がよめないと怒っていたようです。
「/Library/FileMaker Server/Web Publishing/publishing-engine/php/」の中をみてると

drwxrwxr-x  9 fmserver  fmsadmin  306 12 24 09:39 el capitan
drwxrwxr-x@ 9 fmserver  fmsadmin  306 12 24 10:10 sierra
drwxrwxr-x  8 fmserver  fmsadmin  272 12 24 09:39 yosemite

今回セットアップに使用したMacOSのバージョンはMarvericks(10.9)であったためファイルメーカーサーバー15がインストールできませんでした。そこでmacOS el capitan(10.11)を通り越してmacOS sierra(10.12)をインストールしたのが原因だったのかな?と思います。

どう考えてもバグだとは思うのですが、これで「/Library/FileMaker Server/HTTPServer/conf/httpd.conf」480行目をこのように修正します。

Include '/Library/FileMaker Server/Web Publishing/publishing-engine/php/null/httpd.fmi.conf.php'
↓
Include '/Library/FileMaker Server/Web Publishing/publishing-engine/php/sierra/httpd.fmi.conf.php'

これでWEBサーバーを起動してみたいところですが、はて起動は・・・
探したところ以下のそれらしいので適当なオプションそえて実行したら動きましたです。

sudo /Library/FileMaker\ Server/HTTPServer/bin/httpdctl start

これで正常に起動し、FileMaker WebDirect、PHPカスタムWEBも動作しました。
この後、うだうだしながらOSの再起動も実行してから確認したんですが動作していました。
こんなくだらないことに時間がかかる人が世の中から一人でも減りますように・・・・。

ついでにFileMaker WebDirect起動センターにアクセスしてってマニュアルのいたるところに書いてあるんですが、webdirectガイドにしか書いてないので記録まで。

FileMaker WebDirect 起動センター
→ http://< ホスト >/fmi/webd
特定のデータベースにアクセスする場合
→ http://< ホスト >/fmi/webd#< データベース名 >

無事にアクセスできたけどレイアウトつくりかえなきゃダメだなこれ・・・。
あ、そんなわけで・・・メリークリスマス。

コメントなし :, , , more...

PHP5 PEAR:SMTP送信について

by jun on 10月.27, 2016, under PHP, Programing

PHPのバージョンを5.6.8にバージョンアップしたためPEARライブラリもアップデートしました。
すると突然、こんなエラーが。

pear mail authentication failure [SMTP: STARTTLS failed (code: 220, response: ready for tls)]

なにも変更していないんだが・・・・。
pearとmailライブライをあさってみたがなかなかいい情報がなく、TLSで探してみるとありました。

http://osticket.com/forum/discussion/3422/failed-to-configure-email-smtp-settings

どうもPHP5.1.0以上はTLS必須にしているらしいです。
なるほど、というわけで
PEAR>Net>SMTP.php
私の場合は463行目(pearのバージョンによると思います)

if (version_compare(PHP_VERSION, '5.1.0', '>=') && isset($this->_esmtp['STARTTLS'])) {
if (PEAR::isError($result = $this->_put('STARTTLS'))) {
↓
if (version_compare(PHP_VERSION, '6.1.0', '>=') && isset($this->_esmtp['STARTTLS'])) {
if (PEAR::isError($result = $this->_put('STARTTLS'))) {

こんな風に直してやったらちゃんと動作しました。
めでたしめでたし。

コメントなし more...

MySQL AUTO_INCREMENTを下げる

by jun on 7月.04, 2016, under Mysql, Programing

MySQL 5.5.48ストレージエンジンはInnoDBにてAuto_Increment値を上にあげるのは
mysql > show table status like ‘テーブル名’\G
mysql > ALTER TABLE テーブル名 AUTO_INCREMENT = 50000;
などで変更される。今回はたまたま1から256まで入っていたデータ移行は10000以上にしようとAuto_Increment値をあげておいたデータに対して、10000以上のデータは消して257から入れたい!と思ったときにこうしました。
mysql > ALTER TABLE テーブル名 AUTO_INCREMENT = 257;
実行上はOKとでるので調べてみると
*************************** 1. row ***************************
Name: テーブル名
Engine: InnoDB
Version: 10
Row_format: Compact
Rows: 1103
Avg_row_length: 2391
Data_length: 2637824
Max_data_length: 0
Index_length: 1474560
Data_free: 72351744
Auto_increment: 32687
Create_time: 2016-07-04 12:19:54
Update_time: NULL
Check_time: NULL
Collation: utf8_general_ci
Checksum: NULL
Create_options:
Comment:
1 row in set (0.02 sec)
と、まったくかわっていません。MySQLでは最大値+1以外の設定はできないそうです。
そこで10000以上のコンテンツはdeleteしました。
これでデータ上でもmax(id)は257になっています。
ここで以下を実行してみると
mysql > ALTER TABLE テーブル名 AUTO_INCREMENT = 257;
やはりかわりません。
答えはこうです。
mysql > ALTER TABLE テーブル名 AUTO_INCREMENT = 1;
こうすると最大値+1を計算してくれるようです。
要するにAUTO_INCREMENT値のリセットを行ったようです。

コメントなし :, more...

Eclipse “compute launch button tooltip error”の解消について

by jun on 6月.09, 2016, under Eclipse, Programing

Eclipseの開発環境構築がほぼデフォルトになってきた今日この頃、起動時に”compute launch button tooltip error”なるが発生するようになった。
実害もなくエラーがでるだけであったため放置していたが、開発が大詰めになるとエラーがきになってくるもの。
そこで意外と簡単に解消できたため、記録として残す。
環境は以下の通り。開発Java、Javascript、PHP、あいかわらずWEBオープンソース系開発がメイン。
Eclipse 4.2 Juno
+ Pleiades 1.4.2 : 日本語対応プラグイン
+ JStyle : 日本語対応コード表示設定プラグイン
+ PDT : PHP開発環境
+ JDT + JDK1.7 : Java7 Java Server Side 開発環境
+ Eclipse Tomcat Plugin : Tomcat コントロールプラグイン
+ Aptana Studio : WEB拡張プラグインおもにファイル送信
+ DB Viewer : DB管理プラグインおもにMySQLの管理
+ Subversive Subversion Plugin : SVN1.7+JDTプライグインでソース管理
なにが原因かわからないのが痛いところ、SVNで資源もってきてPHPやらJavaのローカルデバッグ環境を整備していたらエラーが表示された。
そんなときの解決策はダブルクリック一発!

eclipse.exe -clean.cmd

eclipse.exe -clean.cmd

これだけでスッキリ解消しました。
別のPythonとJava8の環境ではこんなエラーでないんだけどなぁ。いずれ詳しく調査したいと思います。

コメントなし more...

Symantec Endpoint Protection for Mac バージョンアップ方法

by jun on 3月.08, 2016, under Apple, Mac OS X

MacOSでもブラウザで見ただけで動作するワームやマルチメディアファイルのリソースについてくるマルウェアなどセキュリティー強化が必要になってきました。

そこで最新のセキュリティーソフトを導入することに。

MacOSX 10.11 El Capitan に対応しているSymantec Endpoint Protectionは12.1.6から。

そこでSymantec Endpoint Protection 12.1.4から12.1.6にバージョンアップする際に手間取ったので対応方法の記録として保管します。

手順としては古いバージョンをアンインストールして新しいバージョンをインストールするだけです。

しかしそうは簡単に実行してくれません。

  1. まずはSymantec Endpoint Protectionのアンインストールをここからダウンロードする。
    https://support.symantec.com/en_US/article.TECH103489.html
  2. アンインストーラーをダブルクリックでZipファイルを解凍する
    SEP Remove Symantec MacFiles

    SEP Remove Symantec MacFiles

    ごらんのとおりpkgでもないcommandファイルなので普通のユーザーにはかなり難しい。
    実行しやすいように解凍したフォルダをデスクトップに配置することにしましょう。

  3. ターミナルを実行する。
    解凍済みのフォルダーをサーバー経由で送信したりすると権限が取れてしまうので以下の作業が必要。
    注意はデスクトップはユーザーによりパスが違うので読み替えてほしい。 

    $ cd /Users/ユーザー名/Desktop/RemoveSymantecMacFiles
    $ sudo chmod 700 RemoveSymantecMacFiles
    $ パスワード応答

    これでコマンド実行の準備が完了しました。アンインストールコマンドを実行します。

    sudo RemoveSymantecMacFiles.command
  4. 再起動
    これで新しいSymantecEndpointProtectionをアンインストールしたつもりですが
    じつは新しいSymantecEndpointProtectionをインストールしようとすると
    古いバージョンのNorton製品情報を発見しました。アンインストールしてくださいと言われます。
    私の場合は言われて へ? って感じに迷ったので記事にしました。
    そうではない方は別の問題かもしれません。
  5. 指定のフォルダーを削除する
    ファイルダーからなら、ライブラリ>Application Support>Symantecをフォルダーごと削除する。

    $ cd /Library/Application\ Support/
    $ sudo rm -rf  Symantec
    $ パスワード応答
  6. 再起動
  7. 新しい SymantecEndpointProtection12.1.6をインストールする。
    文句言われなくなったら成功です。
    この程度の事は一般ユーザー向けにpkgにしてくれないと製品として問題なような気がします。
コメントなし :, , , , more...



何かお探しですか?

以下にキーワードを入力してサイト内検索が可能です:

Still not finding what you're looking for? Drop a comment on a post or contact us so we can take care of it!