Midnightjapan

Windows7

MacOSX Server(Yosemite)へ Windows7からSMB(ファイル共有サーバー)に接続できない。

by jun on 2月.05, 2015, under Apple, Mac OS X, Network, Windows, Windows7

JUNが仕事中にWindowsのファイル共有という非常によく使ういつもの機能が突然使えなくなったとの連絡を受け、調べたことを記録する。

【環境】

サーバー:MacOSX Server 10.10(Yosemite)

クライアント:Windows 7 SP1

よくある環境だが、全部ではなく一部のPCでのみ症状が発生した。

詳しく調べてみるとWindows 7にはMicrosoft?EMET(Enhanced Mitigation Experience Toolkit) 4.1というソフトが入っていた。また、ごく一部では入っていないものもあった。

これは何かといいますと・・・・詳しくはWEBでw

概要だけ言うとセキュリティー強化ツールでございまして、これをインストするとセキュリティーレベルが上がります。

ですからEMETにかかわらず、何かしらの理由でセキュリティーレベルを強化した場合、MacOSX Server(Yosemite)のファイル共有サーバーには接続できなくなる可能性があります。

理由はMacOSX Server(Yosemite)のバージョンアップに伴い、Sambaのバージョンが上がることでより認証がより厳密になったためだと思われます。

ですから類似の問題の場合は、傾向として参考にしてくださいね。

まったく同じ環境なら、記事の通り対応すれば解消するはずです。

Yosemite Smaba 3
Marvericks Smaba 2 or 1
Mountain Lion Smaba 1 or 2

Samba3は認証も細かく拡張されていてクライアントによって認証を変えているようですから、環境によってはもう少し細かい資料が必要かもしれません。

【症状】

症状としてはファイル共有サーバーに接続する際に、アカウントかパスワードが違いますといわれます。

パスワードがあっていても、会話するプロトコルや認証方式が違えばアカウントかパスワードが違いますといわれますので、ここら辺の切り分けが難しいところですね。

今回の原因はサーバーではなく、クライアントの認証方式でした。ゲストでアクセスできない場合なども同じところをチェックするといいかもしれません。

【解消方法】

レジストリエディタから

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Lsa を開き

LmCompatibilityLevel → 3 を設定

設定後必ず再起動!

これが未定義(未定義であればデフォルトで3:NTLMv2応答のみ送信する)、または「NTLMv2応答のみ送信する」になっていればWindows7の場合は接続できるはずです。各認証について簡単に以下の通りまとめた。

引用元:Apple Support Communities「Cannot login on OS X Server from Windows PC」

LANMAN認証 Windows95などでサポートされている古い認証方式でパスワードに大文字小文字の区別がない。Samba3.0では、コンピュータがNTLM認証を行うとLANMAN認証機能が無効化される。
NTLM認証 WindowsNT以降でサポートされる認証方式でパスワードに大文字小文字の区別があり、14バイトまでのパスワードが利用可能。
NTLMv2認証 Windows2000以降で利用される認証で、暗号化、デジタル署名、SPNEGOをサポートしている。Samba3.0からサポート。Samba 2.2ではWindows XPからドメインログオンするときはセキュリティオプションで「ドメイン メンバ:常にセキュリティ チャネルのデータをデジタル的に暗号化または署名する」を無効に設定する必要があったが、Samba 3.0からはこの設定が不要になった。

このほかにKerberos認証もOpenDirectoryで実装していそうですが、Samba3で応答するのかは不明です。研究の余地がありそうですね。

これで認証が正常にできるようになりました。めでたしめでたし。

6 コメント :, , , more...

MacBook で Parallels Desktop を使う場合のキーボード設定

by jun on 10月.17, 2014, under Apple, Mac, Mac OS X, MacBook Air, MacBookPro, Windows, Windows7

MacBook で Parallels Desktop を使う場合のキーボード設定を記録する。

約1年くらい面倒なので放置していた。

真剣にとりかかったがネットになかなか情報が無いので記録する。

MacBookProやMacBookAirの標準で付属するキーボードには「かな」「英数」キーがある。

BluetoothやUSBで接続する事もできるが、今回の話題では例外とする。

Mac上のParallels DesktopにWindows7やWindows8をインストした場合にMacBookProやMacBookAirの標準で本体に付属するキーボード「かな」「英数」キーがじつはWindowsで動かないのです。

マニュアルやガイドにもそれぞれ以下のように書かれている。

英数 → 無変換

かな → ひらがな

と、なっているが実際にはこのように反応する。

英数 → 割当なし

かな → 割当なし

これを解消するためには基本的にマニュアルをみていてもダメで、ネットに転がっている通りにやっても割当がないので全く同じように動作しない。

これを解消するためには、実はParallels Desktopがどのようにキーボードを認識しているか理解する必要がある。

たぶんバグなんだと思う、当方はParallels8時代に作成したWindows7-64bitの仮想環境で問題が発生している。Parallels Desktop 9 for Mac にしてもこの現象は解消しなかった。

新規でインストールしたらどうなるかはわかりません。

ご存知の方いたらコメントください。

この状況について前置きしておくと、抜本的な解決策はなく、状況に応じて以下の資料を参考に変更する必要がある。

MacrosoftでもParallelsでもどっちでもいいから対応してもらいたい。

どっちも放置なので、どっちもバカな会社である。

さて、本題を書こう。

Parallels Desktop キーボード設定01

Parallels Desktop キーボード設定01

最終の目標はこうなる予定です。

ただし、弊害はUSBでキーボードをつなげた場合は正常に認識しなくなるのでご了承願いたい。レジストリをいじる方法もあるが、同じように切り替えが必要で抜本的な解決にはなっていない。

しかし持ち歩けるMacBookで持ち歩き時を優先しないでUSBキーボード接続を優先するのは愚の骨頂であると私は思う。

ということでMacBookのキーボードに対応していきたいと思う。

デフォルトのデバイスマネージャーでのキーボードは以下のとおり。

Parallels Desktop  キーボード設定 デフォルト

Parallels Desktop キーボード設定 デフォルト

どうも上段がデバイス単位のキーボードらしい。外部USBであってもみんなこれで認識してしまう。これが現在の問題。

このHIDだとMacBookProの「かな」「英数」キーはどちらも認識しない。

Parallels Desktop キーボード設定01

Parallels Desktop キーボード設定01

まずは上段のHIDキーボードデバイスを日本語PS/2キーボード(106/109キー)で認識させるため、デバイスマネージャーから「HIDキーボードデバイス」を右クリックし、「プロパティ」を選択する。

Parallels Desktop キーボード設定02

Parallels Desktop キーボード設定02

上図の設定02ように「コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索します」を選択する。

Parallels Desktop キーボード設定03

Parallels Desktop キーボード設定03

上図の設定03ように「コンピューター上のデバイスドライバーの一覧から選択します」を選択する。

Parallels Desktop キーボード設定04

Parallels Desktop キーボード設定04

上図の設定04ように表示されたら、「互換性のあるハードウェアを表示」のチェックボックスをはずすと以下のように表示される。

Parallels Desktop キーボード設定05

Parallels Desktop キーボード設定05

設定05のように表示されたら、製造元:標準キーボード、モデル:日本語PS/2キーボード(106/109キー)を選択。

Parallels Desktop キーボード設定06

Parallels Desktop キーボード設定06

このような警告が表示されます。

実際に最初の所でもドライバーが正常に動作していないと表示されるのですが、この警告も無視して「はい」を選択します。

Parallels Desktop キーボード設定07

Parallels Desktop キーボード設定07

このように「このデバイスは開始できませんでした」と表示されても問題ありません。「閉じる」をクリックしてPCを再起動します。

これで完成して、日本語キーボードとして認識してくれます。

そしたら、以下のサイトなど参考にしてもよし、Parallelsのマニュアルみるもよし、手順通り設定できるようになりますよ。

私が書いたのは、以下のように設定する手前の設定ですからね。

お間違えの無いように。

MacのキーボードをWindows (Parallels Desktop 8) で使う時の、「かな」「英数」の文字入力切り替えを使いやすくしてみたAdd Star

2 コメント :, , , , , , more...

Disk Formatter 物理フォーマット(ローレベルフォーマット)

by jun on 6月.26, 2012, under Windows, Windows7

BUFFALO の Disk Formatter Ver.2.06 で物理フォーマット(ローレベルフォーマット)というものをやってみた。

なぜなら地震被害にあい1TBのHDDが壊れたからだ。

2012年6月01日地震埼玉県越谷市震度4

2012年6月01日地震埼玉県越谷市震度4

2012年6月1日に発生した久々の強い揺れにおののき、慌てて外にかけだしたほどだった。

ふと戻って見ると、MacBookAirに接続してバックアップ中だったUSB接続の外付けHDDがなんとパタンと横に倒れてるじゃあありませんか・・・

しかも・・・HDDはカッコンカッコンと音がなっていて、OS上ではエラーが発生したためコピーを中止しますとアラートが表示されている。

すでにマウントも解除されている。

まずい・・・。

しかし正常に認識するので、とりあえずコピー再開すると、カッコンカッコン言って切断されてしまう。

まずい・・・。

まぁバックアップだからなんとかなるかなぁ・・・いや、つい先日バックアップのバックアップはHDDの寿命に付全部消してしまったぞ。

ぐはw

WindowsにUSB接続すると、認識はされる。

いくつかの破損ファイルがあったが無事にバックアップできた。

このドライブはエラーがあるため修復が必要ですとWindowsがしつこくエラーをだすので、「ファイルシステムエラーを自動的に修復する」と「不良セクタをスキャンし回復する」オプションを選択して修復を実行した。

たぶんchkdskコマンドのGUI版だろう。

午後3時ころ実行開始>翌日午前6時いまだに終了しない。

進捗もわからないので、キャンセルボタンをポチ。

というわけで、HDDを初期化して復旧しようということなわけです。

ドライブ:Hitachi HDT721010SLA360(容量:1TB 回転数:7200rpm キャッシュ:16MB インターフェイス:Serial ATA300)

外付ケース「OWL-ESQ35/U3シリーズガチャポンパッ! SMART3.0」に接続して利用していた。

USB接続だとフォーマットも遅いときき、ケースは変更

外付ケース「OWL-ESQ35/EUシリーズガチャポンパッ! SMART」に接続して作業をはじめた。

 

基本的にWindowsではクイックフォーマットと通常フォーマットしかない。

なにが違うかまとめておこう。

・Windowsクイックフォーマット

実領域には読みも書きもせず(MFT作成して、先頭と末尾にシークできたら終了) 所要時間数秒で完了するが、不良セクタのチェックもなにもせず、実際のデータも残ったままとなる。

・Windows通常フォーマット

クイックフォーマット+αといった感じ(MFT作成+全領域を読み込み+不良セクタのチェックリードスキャン) 1TBで接続環境にもよるが数時間かかる。

Windows標準のツールではここまでしかできない。

そこでBuffalo Disk Formatterの出番です。このフォーマッターならWindows上からできる。心配なのはちゃんと仕事してるのかさっぱりわからないことくらい。

・物理フォーマット

物理フォーマットは全領域リード・ライト・ゼロフィル、エラーの検出と代替セクタのマッピングを行う。ただし厳密にはソフトウェアにより仕様が異なる。HDDには負担がかかるが、軽度のエラーが発生している場合は対応策として役立つ。

Buffalo Disk Formatterにはこの物理フォーマットの機能があるので、さっそく実行してみるが、オプションもないのでなにを実行しているかは皆目見当がつきません。

とりあえず実行して見るとこんなアラートが表示される。

DiskFormatterアラート

DiskFormatterアラート

単純計算しても、おびただしい日数がかかることになる。

この手のアラートは接続環境が複数あり特定しにくいので、かなり多めに見積もってあるのがセオリーだが、いくらなんでも目安にもならない。

これはいかんけど、CHKDSKで尋常ではない時間がかかることは理解していたので、しかたなく数日実行する覚悟で「はい」を選択してみることに。

Buffalo Disk Formatter

Buffalo Disk Formatter

実行中はこんな画面です。ステータスバーはいったりきたりするだけで、どれくらい進んでいるかも、どれくらいかかるかもまったくわかりません。あくまで結果的に何分かかっているかが表示されているだけです。

開始早々は一生懸命書き込んでいる感じがします。

10分くらいするとHDDはカッコンカッコン言っている。これはこわいw

20分ほどするとまた静かになった。

確実に破損またはまずい状態になっている気がする・・・?

まぁバックアップに保険がない今となっては、確実なHDDは買わないといけないので、購入するとしてもバックアップのバックアップくらいにはなってくれると非常に助かる。

今度はどんな構成にしようか妄想しつつ、待つ事4時間半。

物理フォーマットが終了しました。

これで安心して論理フォーマットするとカコンカコン言われるのも怖いし、Mac/Win兼用でビッグボリュームも扱えるExFATにしたかったため、USB接続のケースに変更します。

USB接続後、PCを再起動してからコントーロールパネル>管理ツール>コンピューターの管理>記憶域>ディスクの管理から物理フォーマットが完了した未使用領域を選択。Windows通常フォーマットを選択。

Windows通常フォーマット

Windows通常フォーマット

これも非常に時間がかかりますが、使えない領域があった場合、HDDとして致命的なので念には念を入れて通常フォーマットします。

待つ事30分。

フォーマット中3%あたりで異音が発生し・・・4%まできたところでカコンカコンと・・・。

そしてフォーマットは中断された。

論理フォーマット失敗

論理フォーマット失敗

だよね・・・。そんなことも想像してたんだ。

たぶんUSBみたいに電力とられると、発生するってことは磁気データのピックアップ部分の破損と断定していいね。

やっぱり倒れた時の衝撃でピックアップ部分が壊れて、特定の部分をシークしに行くと読み出せずエラーに。

こんな危険なHDDを外付けにするなら、Windowsバックアップ専用にしてしまおう。

ということで、eSATA接続にしてNTFSにしたら、その部分を乗り切れるかも?

そんな危険なことしてでも使いたいわけじゃないんだけど、こうなったら、ほぼ意地。

実行して見ると、乗り切ったぞ3%?4%!

ってことは、先頭らへんから5%に値する50GBくらいの捨てデータをいれてみよう。いや、いっそパーティションきってみよう。

無事3時間後フォーマット終了。

忙しいときは見限って新品購入する事をお勧めします。

参考まで。

 

4 コメント more...

MacBook Air で トレンドマイクロ Safe Sync を使う

by jun on 12月.18, 2010, under Mac, MacBook Air, Windows7

いやぁタイトルもきまりましたね。

とてもスマートです。

12月14日にトレンドマイクロがオンラインストレージサービス:Safe Syncを発売しました。

年額なんと4980円。しかも容量無制限。

一度は見限ったウィルスバスターとの契約を思い出すこともないほど素晴らしい商品だったため、さっそくポチっと契約してMacBook AirのWindows7 ?64bit上にインストール。

トレンドマイクロ Smart Sync シンクロ中

トレンドマイクロ Smart Sync シンクロ中

契約してシンクするだけ、共有なんかにも対応して、Mac/Win両対応。

ごらんのスクリーンショットでは無線LANつかってアップしてますが、これくらいの速度で転送可能。

実質325MB:30?40分で更新完了。

ためしにほかのPCからブラウザでログインしてダウンロードしましたが、普通です。

ダウンロードも極端に制限のかかった帯域制限もなさそうです。

標題とはずれますが、容量無制限なので試してみたいですよね?

やってみました。

デスクトップの50GB以上あるフォルダーのバックアップ。

トレンドマイクロ SafeSync:デスクトップ50GB

トレンドマイクロ SafeSync:デスクトップ50GB

しかもこれ、バージョン管理対応です。

一度アップロードして、更新していくと都度バージョンが残ります。

どこまで残るかは不明です。

共有機能は、このサービスへ登録されていない人へでも共有することが可能で、ファイルを渡すだけなら完璧なシステムですね。

某サービスのように厳密なユーザー権限やグループ登録をすることはできませんが、メールの宛先へ共有したり

サイト(ブログ・Twitter・Facebook・その他)に共有可能なのはとても便利です。

やはりバックアップで重要なのはメール!ためしにThunderbirdのフォルダー(C:/Users/あなたの名前/AppData/Roaming/Thunderbird/)を直接バックアップもしてみました。問題なく送信しています。

異常に完成度は高いです。

余計なThumbs.dbなどは送らないし、ショートカットも自動ではぶかれるようです。

個人的にはショートカットは送ってほしかったなぁ。

機会があったら別々のPCのフォルダーシンクなども試してみます。

興味があったらぜひお試しを。

コメントなし :, , , , more...

MacBook Air 13″ Windows7 64bit 運用1週間後ログ

by jun on 12月.09, 2010, under Mac, MacBook Air, Windows7

MacBook Air 13″ に Windows7 Proffessional 64bitを導入してから1週間が経過した。

実際にはシステムを5回インストールしなおした。

その実行結果を記す。

最初のうちはBootcamp+Parallels Desktopで利用する場合を想定して構築していました。

これが何度も入れなおす原因となりました。以前の記事で書きましたが、Mac上の仮想としてBootcamp領域を利用すると、32bitで動作していそうな感じ?で環境変数も変わる感じで、いろいろ問題が発生するのです。

■マルチ仮想環境として構築した大きな問題は下記の通り

・カスタム辞書が使えない

・仮想からではBootcampコントロールパネルが実行されない。あたりまえのようなことですが、実際に機能も遮断されるため問題です。(このためタッチパッドの右クリックやファンクションキーの割り当てなどができません)

・一部のソフトで再認証が必要になる。

・32bitで動いてないかい?

・ネットワークが認識しない。

・MacOSX上から有線LANや無線LAN、さらにはeMobile接続を行う私にとってはネットワークの切り替えが自由にできず、仮想として起動するたびに再認識させる必要がある。

これなら仮想用の専用環境のほうが使い勝手がよいことになります。問題はいくつものOS上での混乱ですが、すでに慣れてしまっている私には、あちこち使えない機能を補うことのほうが大変だと認識したため4度目のインストールでマルチ仮想環境の構築はあきらめました。

そして最後のOSインストールで現在完成状態。

■ インストールした際に発生した問題

・Windowsアップデートした後、再起動したら起動しなくなった。

>5回中1回発生したレアケース。Windows7の標準機能で復旧できました。再起動したら正常に起動しなかったので、システム復元モードに移行して、不明なエラーがでながらも復元してみたら起動するようになりました。

・Bootcampが作成するWindowsサポートファイルでドライバーのインストールに失敗して一部のデバイスを認識しない。

>これも1度だけ発生しましたレアケースです。Windowsサポートファイルの再インストールですべてのドライバーが認識されました。もしかしたらスリープになってしまってトラブったのかもしれません。

・ネットワークが認識しない。

>これは何度か発生しました。Bootcampの切り替えで仮想として起動すると認識しなくなり、Bootcampだと正常に認識するのですが、この切り替えで発生したのかもしれません。デバイスマネージャーから削除して、ハードウェア変更のスキャンを行うと正常に動作するようになります。

・理由がわからないが、「システムの復元」ができない。

システムの復元がだいたい失敗します。これは検証中ですが、だいたい復元できません。Windows7ではいままで味わったことのない危険性ですが、アラートだけなのか、なんなのか調査中です。

・Filemaker 10のインストールに失敗する

>ファイルメーカー10なんでね、ちょっと前のバージョンですからしかたないのかもしれませんが、インストールに失敗します。また10.0.3アップデートだったかな、アップデートパッチに失敗したりもしました。何度か繰り返すとインストールできるので、大した問題と思えません。

以上です。

最後に現在の環境です。

MacBook Air 13″ 2GB RAM/128GB SSD 未改造+Bootcamp+Parallels Desktop6

Windows環境:各種遠隔操作システム+Adobe cs3+Office2003+各種ブラウザ+Thunderbird

Mac環境:Open Office+Gimp+Parallels Desktop(ChromeOS+Ubuntu9.10+Windows7Bootcamp)

この使い方でほとんどデータはサーバーにいれてるので入っていません。そのまま環境構築のみのディスク容量だと思ってください。そんな現状はこんな感じです。

MacBook Air ディスク領域

MacBook Air 13" ディスク領域

本当にさ、店員・・・ぶっとばしたい。

店員おまえ俺にこういったよな・・・

「MacBookAirにだったらメモリ2GBと128GBSSDで十分なんですけどね」

おまえわかってないな。マジでギリギリなんだけど。メモリもSSDも。本当に今思っても悔やみきれません。こんなことをしたいと思っているそこのあなたは絶対にSSD多め+メモリ4GBにしてね!

そうじゃないと、MacOS+Linux+Windowsのトリプルブート環境はきびしいし、仮想環境なんて無理だからね!

それにですよ・・・このスタイルのいいMacBookAirにごちゃごちゃと周辺機器をつけたいのなら、どうぞ。

わたしはいやですね。たとえUBSメモリだけでも出っ張ってほしくないです。

そうは思いませんか?みなさん。

さて・・気をとりなおして総論です。

困っている点はWindows自体の問題で、いまのところ普通のWindows機として利用可能であることはどうでもいい私の評価ではございますが太鼓判をおせますね。

Junのいうことなど、あまり評価対象にしないでくださいね。

じゃあブログに書くなよって?いえいえ、タイトルのとおり、これ私的なログですから。ご勘弁を。

コメントなし :, , , more...



何かお探しですか?

以下にキーワードを入力してサイト内検索が可能です:

Still not finding what you're looking for? Drop a comment on a post or contact us so we can take care of it!