Midnightjapan

Archive for 2月, 2015

MacOSX Server(Yosemite)へ Windows7からSMB(ファイル共有サーバー)に接続できない。

by jun on 2月.05, 2015, under Apple, Mac OS X, Network, Windows, Windows7

JUNが仕事中にWindowsのファイル共有という非常によく使ういつもの機能が突然使えなくなったとの連絡を受け、調べたことを記録する。

【環境】

サーバー:MacOSX Server 10.10(Yosemite)

クライアント:Windows 7 SP1

よくある環境だが、全部ではなく一部のPCでのみ症状が発生した。

詳しく調べてみるとWindows 7にはMicrosoft?EMET(Enhanced Mitigation Experience Toolkit) 4.1というソフトが入っていた。また、ごく一部では入っていないものもあった。

これは何かといいますと・・・・詳しくはWEBでw

概要だけ言うとセキュリティー強化ツールでございまして、これをインストするとセキュリティーレベルが上がります。

ですからEMETにかかわらず、何かしらの理由でセキュリティーレベルを強化した場合、MacOSX Server(Yosemite)のファイル共有サーバーには接続できなくなる可能性があります。

理由はMacOSX Server(Yosemite)のバージョンアップに伴い、Sambaのバージョンが上がることでより認証がより厳密になったためだと思われます。

ですから類似の問題の場合は、傾向として参考にしてくださいね。

まったく同じ環境なら、記事の通り対応すれば解消するはずです。

Yosemite Smaba 3
Marvericks Smaba 2 or 1
Mountain Lion Smaba 1 or 2

Samba3は認証も細かく拡張されていてクライアントによって認証を変えているようですから、環境によってはもう少し細かい資料が必要かもしれません。

【症状】

症状としてはファイル共有サーバーに接続する際に、アカウントかパスワードが違いますといわれます。

パスワードがあっていても、会話するプロトコルや認証方式が違えばアカウントかパスワードが違いますといわれますので、ここら辺の切り分けが難しいところですね。

今回の原因はサーバーではなく、クライアントの認証方式でした。ゲストでアクセスできない場合なども同じところをチェックするといいかもしれません。

【解消方法】

レジストリエディタから

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Lsa を開き

LmCompatibilityLevel → 3 を設定

設定後必ず再起動!

これが未定義(未定義であればデフォルトで3:NTLMv2応答のみ送信する)、または「NTLMv2応答のみ送信する」になっていればWindows7の場合は接続できるはずです。各認証について簡単に以下の通りまとめた。

引用元:Apple Support Communities「Cannot login on OS X Server from Windows PC」

LANMAN認証 Windows95などでサポートされている古い認証方式でパスワードに大文字小文字の区別がない。Samba3.0では、コンピュータがNTLM認証を行うとLANMAN認証機能が無効化される。
NTLM認証 WindowsNT以降でサポートされる認証方式でパスワードに大文字小文字の区別があり、14バイトまでのパスワードが利用可能。
NTLMv2認証 Windows2000以降で利用される認証で、暗号化、デジタル署名、SPNEGOをサポートしている。Samba3.0からサポート。Samba 2.2ではWindows XPからドメインログオンするときはセキュリティオプションで「ドメイン メンバ:常にセキュリティ チャネルのデータをデジタル的に暗号化または署名する」を無効に設定する必要があったが、Samba 3.0からはこの設定が不要になった。

このほかにKerberos認証もOpenDirectoryで実装していそうですが、Samba3で応答するのかは不明です。研究の余地がありそうですね。

これで認証が正常にできるようになりました。めでたしめでたし。

6 コメント :, , , more...

TOSHIBA THH-30U5の破損について

by jun on 2月.05, 2015, under Blog

2015/2/5 Junの自宅にあるTVに内蔵しているHDDが破損した。

Junが所有しているTVはTOSHIBA Regza 42RH500 42型の300GB HDD録画機能内蔵テレビである。

2008年ごろに購入したものだと思われる。当然ながらメーカー保証期間なんて終わっている。

TOSHIBA THH-30U5

TOSHIBA THH-30U5と電話機

このサイトではPC以外の記事を書くことはめずらしいが、記録と同じ目にあってほしくないために記事を記載する。

このTVの内蔵HDDがTOSHIBA THH-30U5である。色々試したがリセットも再初期化もしたがHDDを認識しもらえない。

HDDが壊れたんだなぁ・・・もう5年くらいたってるし、2.5インチで使用頻度考えたらそろそろ壊れてもおかしくないなぁと思いました。

そこでHDDを交換することを調べてみると、いまさら300GBのHDDなど売っているわけもなく別のHDDを流用できないか聞いてみる。

すばらしく努力されているサイトを見つけたので以下の通り。

「●レグザ内蔵HDD「THH-30U5」分解、大容量HDDへの換装 – レグザREGZA研究」

参考にはなったが、結局恐ろしい苦労の割に合いそうもなく、さらに私が人柱になって役に立てる情報でもないと判断した。

そこで、サポートに連絡して多少高くても純正のHDDを手に入れようとしてみた。

以下をググって連絡することに。

お客様サポート|液晶テレビ|東芝

【対応結果】
サポートスタッフのカサイさんという方に対応していただきました。

  • もともとパーツとして販売していようがなにしようが、保証期間外のサポート修理となります。
  • パーツだけの販売は行っていません。
  • サポート修理の場合、サポートスタッフを訪問しての対応となります。大型のTVのため2名出向することなります。1名¥22,00×2名分のサポート費用がかかります。
  • HDD以外に問題がある可能性があるため1名¥2,200×2名分のサポート費用がかかります。

だそうです。参考まで。東芝さん、クソ対応ですね。

シャープの時限式破損もひどかったが、いままで醜いと思っていたSonyのサポートが神対応に見えました。

Panasonicは模範的なサポートでした。

こういうサポート対応見るとAppleなんかは形式的ではなく、かなり親身に対応してくれているんだなぁと感心しました。

同じような問題が発生した方は、きっと同じですよ。

私の言いたいのは、なぜTVがデカいからといってHDDの交換に2名ものサポートスタッフを送って請求されないといけないのか?

HDDの破損とほぼ断定しているし、このページのタイトルにもいれたTOSHIBA THH-30U5というHDDのパーツ型番まで言っているのになぜこの修理とされないのか?

これがものすごいレアパーツならいいが、複数台登録できるオプションパーツであったくせに、なぜパーツ販売してくれないのか?

消耗品の購入にサポート対応でスタッフ2名出向って・・・キチガイですよ。

消費者センターにも聞きましたが、修理対応しないと言っているわけではないので問題ありません。と言われました。

理由は簡単です。合法だけど怠慢なんです。

細かな問題の切り分けをするのは大事だし、サポート料も高いとは思いません。

でもTVがデカいからといって2.5インチのHDDの交換するのに2人がかりで来て修理するしか方法がないのっておかしいからね。

個人的には東芝さんはサポートものすごい悪いと思いました。

個人的な感想なので、このページだけを参考にしないでくださいね。

きっとサポートの方がきてくれたらしっかり対応してくれるでしょうし、需要と供給のバランスの話ですから、私にはミスマッチでしたということです。

私は今後東芝製品はPCにおいても決して購入しないと決心しました。

そもそも私の東芝製品所有も少ないんですけどね、2.5インチのHDDかBluetoothのホストアダプターくらいでしょうかね?

ちなみに2015年2月5日現在、TOSHIBA THH-30U5はAmazonで中古として¥24,800で販売されている。

中古のHDDなんてやめたほうがいいと思いますが、フォーマットごとコピーなんか試したいななんて方にはいいかもしれませんね。

他のメーカーのレコーダでも購入するとします。

どなたか格安でできる確実な方法があったらご教授ください。

1 コメント more...



何かお探しですか?

以下にキーワードを入力してサイト内検索が可能です:

Still not finding what you're looking for? Drop a comment on a post or contact us so we can take care of it!