Midnightjapan

Tag: ファイルメーカー

ファイルメーカー 複数選択値のバブルソート実装

by jun on 6月.25, 2014, under FileMaker

久々に技術ネタ

ファイルメーカーではチェックボックスを実装すると、複数選択できます。
繰り返しフィールドでもないのに、どういう値が入っているのか。

答えは選択された値が改行されて入ってるんですね。そうです。GetValueで取得できます。

じゃあ選択順はどうなるかというと、選択された順に開業されます。

チェックを外すと、切り取られるのでいなくなります。わかるかな?

選んだ値が■ 未選択が□だとすると
フィールド選択値:□01 □02 □03 □04 □05 として
01→02→03→04→05→03→03 と選択していくと

結果
01
02
04
05
03

となってしまう。これをバブルソートで

結果
01
02
03
04
05

となるスクリプトを作成した。
このスクリプトだけではどうにもならないが、このソートをスクリプトの変数に割り当てれば
結果は変数に代入される。

Let([
 // フィールド値をパラメータ引数に設定
  $prm=フィールド値;
 // ソート条件をフラグで分岐:昇順=1,降順=0)
  $sor=1;
 // ソートタイプ指定:テキスト比較=1,数値比較=0)
  $typ=1;
 // サブルーチン関数定義
  $lst=$prm;
  $sub="
   Case(
    $i< =1;$top;
      Let([
       $i=$i-1;
       $itm=GetValue($lst;$i);
       $_top=Case($typ;$top;$top*1);
       $_itm=Case($typ;$itm;$itm*1);
       $flg=Case($sor;$_top<$_itm;$_top>$_itm);
       $rtn=Case($flg;List($rtn;$itm);List($rtn;$top));
       $top=Case($flg;$top;$itm)
      ];
      Evaluate($sub)
     )
    )
   ";
 // バブルソート関数定義
 $n=0;
 $res="";
 $fnc="Case(
  $n=ValueCount($prm);$res;
  Let([
   $n=$n+1;
   $i=ValueCount($lst);
   $top=GetValue($lst;$i);
   $rtn=\"\";
   $res=List($res;Evaluate($sub));
   $lst=$rtn
  ];Evaluate($fnc))
 )"
];
 Evaluate($fnc) // バブルソート計算実行
)

さぁ、たまたまこんなことしたかった方は、サンプルを参考に実装してみましょう。

コメントなし :, , , more...

ファイルメーカーの繰り返しフィールドの挙動

by jun on 4月.19, 2010, under FileMaker

ひどいタイトルですね。

これでも私ファイルメーカーの開発を続けて、はや10年になるんですが、へんなところでつまづきました。

ファイルメーカーの繰り返しフィールドです。

これをテキスト表現すると異常にわかりにくいのですが、ファイルメーカー特有の機能のためあまり使わないほうがよい機能です。

繰り返しフィールドとは1フィールドに複数の値が入ります。SQLでいうENUMみたいなものですが、またちょっと違うんですよね。動きも。

フィールド:数量(タイプ:数字/繰り返し×5) 値:5,4,3,2,1 と入っているとします。
フィールド:単価(タイプ:数字/繰り返し×5) 値:100,110,120,130,140 と入っているとします。
フィールド:金額(タイプ:計算(数量×単価)/繰り返し×5) 値:500,440,360,260,140 と導きだされます。

これに消費税を個別で出しなさいなんてことは当たり前のように発生するし
たとえば条件分岐で計算しないなんてこともよくある状態ですが、ファイルメーカーではこれが関数を使わないといけません。

繰り返しフィールドどおしの計算ならば、上記のようにできますがたとえば・・そうですねぇ・・・

単価が固定だったとします。この場合単価の入力欄は1個でいいはずなので単価を繰り返しを使わないようにするとですね・・・

フィールド:数量(タイプ:数字/繰り返し×5) 値:5,4,3,2,1 と入っているとします。
フィールド:単価(タイプ:数字/繰り返し×1 なし) 値:100 と入っているとします。
フィールド:金額(タイプ:計算(数量×単価)/繰り返し×5) 値:500,0,0,0,0 と導きだされます。

そうです、繰り返しフィールドは非繰り返しフィールドとあわせて処理する場合、先頭項目しか処理をしません。

この場合Extend関数を使います。

フィールド:数量(タイプ:数字/繰り返し×5) 値:5,4,3,2,1 と入っているとします。
フィールド:単価(タイプ:数字/繰り返し×1= なし) 値:100 と入っているとします。
フィールド:金額(タイプ:計算(数量×Extend(単価))/繰り返し×5) 値:500,400,300,200,100 と導きだされます。

これで望みどおりです。

しかし、これに条件分岐をいれます。

もし半額優待チケットを利用した全品半額にできるとします。金額フィールドの計算式にIF文が入るとわかりますよね?

当然入力画面の設計上、正規化されているとしたら半額チケット利用のチェックボックスは1つだけにしますよね?もちろん設計によりますが一般論です。

20品買ったら20個チェックつけるのは面倒です。

とすると

フィールド:半額チケット(タイプ:数字 チェク時1入力/繰り返し×1=なし)

を追加して、金額フィールドの計算式は下記のようになります。

IF(半額チケット=1 ; 数量×(Extend(単価)/2) ;数量×Extend(単価))

いけそうですよね?これがいけないんですよ・・・

いやぁ、いまさらながら調べてググって・・・苦労しました。

結論は・・・

IF(Extend(半額チケット)=1 ; 数量×(Extend(単価)/2) ;数量×Extend(単価))

そうです、IF文の評価部分ですら繰り返しにフォーカスするようでして、非繰り返しフィールドはすべてExtend関数でくくらないと繰り返しフィールドとしてもどらないようなんです。

記録しておくようなことでもないきがしますが、私が迷ったので万が一迷ってここにさまよわれたりしたときの記録として残します。

(本当は私の個人的なメモだったりしてw

では、皆さんごきげよう (‾。‾)y-~~

6 コメント :, more...



何かお探しですか?

以下にキーワードを入力してサイト内検索が可能です:

Still not finding what you're looking for? Drop a comment on a post or contact us so we can take care of it!