Midnightjapan

Tag: 太陽フレア

おかるてぃっく地震予測2012年3月8日版

by jun on 3月.07, 2012, under Blog

久々の太陽フレア情報です。

いままでの経緯を見るとあまりあてにはならないんですがね。

太陽風と地震の関係をみつけられたわけじゃないんですが、やはり太陽からの強い太陽風が飛んでくるとオーロラにまで影響し、地球を揺さぶるのではと・・・そんなあくまでオカルト的な解釈だが、まったく影響がないと考えずらく、いまだに注視しています。

いつもどおり、オカルトとして適当にみてやってください。

2012年3月7日 大規模フレアが発生しました。

久しぶりにかなり強いX5.4。

実は2012年3月5日にもX1.1のフレアが発生している。

あとはフレアの影響がある方向だけど、どうも地球にも影響が・・・。

詳しくは元ソースである宇宙天気ニュースをご覧ください。

宇宙天気ニュース http://swnews.jp/

3月5日のX1.1に続きX5.4とは・・・・ちょっと心配です。

SDO Sun flare 2012-03-05 X1.1

SDO Sun flare 2012-03-05 X1.1

観測場所との時差などもあり、性格に影響がでる時間がわかりませんが、いままでもだいたい2日後に影響がでています。

ここ数日だけは、普段よりちょっと気をつけましょう。

ちなみに今日明日には新しいiPad(iPad3?)が発売になります。おびえることなく、こっちの楽しみ情報に期待しましょう!

2 コメント :, , , more...

X7.0フレア発生。

by jun on 8月.11, 2011, under 未分類

数年に一度発生する規模の巨大フレア爆発が観測されました。

http://www.solarmonitor.org/region.php?date=20110810&region=11263

チタマにどのような影響があるかわからない。

方向的には直接地球に向かってはいないので、直接的な影響は少ない模様。

ただ、若干の影響が今の日本周辺の地震が発生しやすい地殻に影響がないといいな。

念のため注意として。

コメントなし : more...

太陽の影響

by jun on 6月.17, 2011, under 未分類

先日「おかるてぃっく地震予測」で太陽フレアの影響電々をお話ししましたが・・・

こんな記事もみつけました。

太陽が極小期に突入する3つの証拠「ナショナルジオグラフィック」

この記事によれば、2013年には最大を迎える太陽活動は非常に弱い可能性がある研究結果が、ニューメキシコ州ラスクルーセスで開催されているアメリカ天文学会の会合で6月14日に発表された。

1)黒点が力を失う

2)太陽のジェット気流(強い太陽風のこと?)の低下

3)コロナの磁気現象も不活発

などなどの理由を考えると、太陽の活動が異常なほど低下する「極小期」に入ると予測している。

現在太陽周期は24期らしいが、25期は2022年以降なり、もしかしたらそれすら始まらないかもしれないとのこと。

こうなると、話は別で太陽が弱くなると、必然的に夏暑くなりにくい。

氷河期が来るようなおおげさなことにはならないが、冬が異常に寒いとか、地上の冷却現象がはじまる可能性が高い。

本来活動が活発になる時期にスピードが遅くなるって・・・逃げ場のない力はいずれ巨大な力になって放出されたりしないのかな?

いやいや・・・悪い方に考えるのはやめよう。

しかし・・・科学的に解析しているとはいえ、地球より昔にあり、近寄ることすらできない莫大なエネルギー体の太陽を地球の人間が科学的に解析などできるのだろうか?

ちなみに太陽の上のポツっとあるハナクソのような黒点ってごぞんじですよね?

地球の大きさはだいたいそんくらいだそうです。

そんなわけで、地震予測も太陽フレアの影響も今後調査対象からはずします。

太陽の影響が本当あることは下記のページで詳しい動画になっています。

参考まで。

動画 – 宇宙 – 太陽からの突風 – ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト

ちょっとビビってると、オカルトというかいろんな話も信じたくなるもんなんですね。

きをつけます (;一_一)ノ

コメントなし : more...



何かお探しですか?

以下にキーワードを入力してサイト内検索が可能です:

Still not finding what you're looking for? Drop a comment on a post or contact us so we can take care of it!