Midnightjapan

Tag: Centos

Centos NTPサーバー設定とハードウェアクロック

by jun on 8月.20, 2015, under Linux, Network

PCの仕組みが何たるかは別として、PC内部には時計があります。

水晶振伝子をつかって制度をあげてますが、いろんなところにIOされるのでよくずれます。

CentosでNTPサーバーをセットアップして時間がずれないよう設定してあげます。

止むを得ずネットワークが使えない場合はどうでしょうか?

実はNTPがやっているのは、ネットワーク上のNTPサーバーと同期するだけ。

PC内部の時計はおかまいなしです。

CentOSを長い事使ってきましたが、今知りました。

ちょっと考えればわかることのような気がしないでもありませんが。

【システムの時計】

[root@hoge ~]# date
2015年  8月 19日 水曜日 16:29:56 JST

【PC内部のハードウェア時計】

[root@hoge~]# hwclock -r
2015年08月20日 01時20分37秒  -0.047347

【NTPの同期状況の確認】

[root@hoge ~]# ntpq -p
remote           refid      st t when poll reach   delay   offset  jitter
==============================================================================
*ntp-a3.nict.go. .NICT.           1 u   13   64    1    4.927    4.701   0.000
ntp1.jst.mfeed. 133.243.236.17   2 u   12   64    1    7.844    6.080   0.000
ntp-tk01.ocn.ad 202.234.233.104  3 u   11   64    1    8.794    1.326   0.000

結果としては一番上のサーバーの時刻と同期していますよってことです。

2015年  8月 19日 水曜日 16:29:56 JST → システムクロック

2015年08月20日 01時20分37秒  -0.047347 → ハードウェアクロック

ずれてますね。。。

【システムクロックでハードウェアクロックを設定する場合】

[root@hoge ~]# hwclock -w またはhwclock --systohc

【ハードウェアクロックでシステムクロックを設定する場合】

[root@hoge ~]# hwclock -s またはhwclock --hctosys

これで一時的ですがNTP(strutum1)=システムクロック=ハードウェアクロックが一緒になります。

コメントなし :, , , more...

SambaとUnixのユーザー&グループ管理

by jun on 9月.12, 2012, under Linux

いまさらなんですがメンテナンスや新規サーバー構築の際によく使うコマンドなんですが、ついついネットを引いてしまうので自分用の記録としてまとめます。

– UNIX Userの作成 –

# useradd USERNAME

– UNIX Userの作成 –

# useradd USERNAME

– UNIX Userの作成グループ登録 –

# useradd -g GROUP01 GROUP02

– UNIX Userのパスワード設定 –

# passwd USERNAME
Changing password for user USERNAME.
New UNIX password: 		→パスワード入力
Retype new UNIX password:	→パスワード確認

–UNIX Userの削除 –

# userdel USERNAME

– UNIX Groupの作成 –

# groupadd GROUPNAME

–既存UNIX Userのデフォルトグループ追加 –

# usermod -g GROUPNAME1 GROUPNAME2

–既存UNIX Userのサブグループ追加 –

# usermod -G GROUPNAME1 GROUPNAME2

–Samba 新規ユーザー作成(既存リナックスユーザーを登録) –

# pdbedit -a -u USERNAME -f FULLNAME
new password:		→パスワード入力
retype new password:	→パスワード確認
Unix username:        ----
NT username:
Account Flags:        [U          ]
User SID:             S-1-5-21-4222046843-893412212-3622730551-1000
Primary Group SID:    S-1-5-21-4222046843-893412212-3622730551-513
Full Name:            MJ
Home Directory:       \\----\----
HomeDir Drive:
Logon Script:
Profile Path:         \\----\----\profile
Domain:               ----
Account desc:
Workstations:
Munged dial:
Logon time:           0
Logoff time:          never
Kickoff time:         never
Password last set:    水, 12  9月 2012 08:49:27 JST
Password can change:  水, 12  9月 2012 08:49:27 JST
Password must change: never
Last bad password   : 0
Bad password count  : 0
Logon hours         : FFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFF

–Sambaデータベースからユーザー削除–

pdbedit -x -u USERNAME
コメントなし :, more...

DRBDの復旧

by jun on 6月.21, 2011, under Linux

DRBDが下記のようになった。

フェイルオーバーしてセカンダリーへ
その後プライマリー復旧してみてみるとDRBDがこのようになっている。

プライマリー側

# /etc/rc.d/init.d/drbd status
drbd driver loaded OK; device status:
version: 8.3.8 (api:88/proto:86-94)
GIT-hash: ***** build by mockbuild@builder10.centos.org, 2010-06-04 08:04:09
m:res  cs          ro                 ds                 p      mounted  fstype
0:r0   StandAlone  Secondary/Unknown  UpToDate/DUnknown  r----

セカンダリー側

# /etc/rc.d/init.d/drbd status
drbd driver loaded OK; device status:
version: 8.3.8 (api:88/proto:86-94)
GIT-hash: ***** build by mockbuild@builder10.centos.org, 2010-06-04 08:04:09
m:res  cs          ro               ds                 p      mounted  fstype
0:r0   StandAlone  Primary/Unknown  UpToDate/DUnknown  r----  ext3

フェイルバックはわざと手動にしてある。

もちろん便利はわかっているが正常にデータがセカンダリーと同期するかについては不明なので自動はお断り。

双方でHeartbeatとDRBDを停止して再起動しても変わらない。

そこで、復旧に取り掛かる。

まずはプライマリーを停止。

セカンダリーを起動。

# drbdadm secondary all
# drbdadm down all
# drbdadm cstate all
WFConnection
# drbdadm attach all
# drbdadm invalidate all
# drbdadm connect all

ん?接続に問題がでていると。接続を試みてくれた。Standaloneじゃなくなってくれた。当たり前かw

セカンダリーの状態

# /etc/rc.d/init.d/drbd status
drbd driver loaded OK; device status:
version: 8.3.8 (api:88/proto:86-94)
GIT-hash: ***** build by mockbuild@builder10.centos.org, 2010-06-04 08:04:09
m:res  cs            ro                 ds                 p  mounted  fstype
0:r0   WFConnection  Secondary/Unknown  UpToDate/DUnknown  C

プライマリー側起動

# /etc/rc.d/init.d/drbd start
Starting DRBD resources: [
r0
Found valid meta data in the expected location, 1073737728 bytes into /dev/VolGroup00/lvol0.
d(r0) s(r0) n(r0) ].

そこで確認してみると

# /etc/rc.d/init.d/drbd status
drbd driver loaded OK; device status:
version: 8.3.8 (api:88/proto:86-94)
GIT-hash: d78846e52224fd00562f7c225bcc25b2d422321d build by mockbuild@builder10.centos.org, 2010-06-04 08:04:09
m:res  cs          ro                   ds                     p             mounted  fstype
0:r0   SyncSource  Secondary/Secondary  UpToDate/Inconsistent  C
...    sync'ed:    57.1%                (454140/1048508)K      delay_probe:

ぉぃまてゴルァw

おまえはプライマリーだろってことであわてて

# drbdadm primary all
# /etc/rc.d/init.d/drbd status
drbd driver loaded OK; device status:
version: 8.3.8 (api:88/proto:86-94)
GIT-hash: ***** build by mockbuild@builder10.centos.org, 2010-06-04 08:04:09
m:res  cs         ro                 ds                 p  mounted  fstype
0:r0   Connected  Primary/Secondary  UpToDate/UpToDate  C

やっと接続された。

そこでプライマリー側でマウントしてみる。

# mount /dev/drbd0 /mnt
/etc/rc.d/init.d/drbd status
drbd driver loaded OK; device status:
version: 8.3.8 (api:88/proto:86-94)
GIT-hash: d78846e52224fd00562f7c225bcc25b2d422321d build by mockbuild@builder10.centos.org, 2010-06-04 08:04:09
m:res  cs         ro                 ds                 p  mounted  fstype
0:r0   Connected  Primary/Secondary  UpToDate/UpToDate  C  /mnt     ext3

無事にマウントしたようだ。

コメントなし :, more...

VMware server 2 Remote Console Plug-InをWindows7 64bitで利用する。

by jun on 11月.23, 2010, under Linux

VMware Server 2を稼動してから半年がたとうとしている。

いろいろ立ち上げには苦労したけれど、今ではほぼノーメンテナンスで動作している。

時間がたつと困ることはサーバーは変わらずともクライアントはメーカーの努力により進化してくるということ。

わたしもついに表題のような利用環境の構築を余儀なくされた。

VMware Server 2 はLinux上で32bitで稼動中。

クライアントは64bit Windwos7。

この環境では少なくとも私の環境では動作しなかった。32bit windows7では問題なし。

そこで解決策を見つけ環境が整ったので下記にメモをする。

まずはLinux版のVMware Server 2 の管理画面にブラウザでアクセスする

https://サーバーアドレス:8333/

管理画面からコンソールタブを開くと「Install plug-in」というリンクがあるので、クリックする。

そうです。ここで躓いた人はブラウザが対象外ということです。

IE8/9対応。FireFoxとChromeとSafariは動作しません。

このPlug-inがインストールされるとブラウザから仮想サーバーの画面にアクセスできる。

ところが「Summary」タブを使って「Generate Virtual Machine Shortcut」からショートカット作成し直接仮想画面を表示することができる。

これは、Playerなどと同じように別のアプリケーションで開くのと同じです。

トラブルによりプラグインをインストールできない、またはダウンロードできない場合は下記からファイルをとりだしてください。

/usr/lib/vmware/webAccess/tomcat/apache-tomcat-6.0.16/webapps/ui/plugin/

プラグインのインストールが終わったら使えるように思いますが、残念ながら使えません。

「Generate Virtual Machine Shortcut」を実行しても作ることができません。

そこで、インストールされた「vmware-vmrc.exe」を使って直接ショートカットを作ります。

細かいオプションも正確かわかりませんし、強制接続のようなもなのでおすすめはできません。

正常にできないので問題の解決策としてとらえてください。

1)ショートカット作成

2)プロパティー編集

3)リンク先を変更

“C:\Program Files (x86)\Common Files\VMware\VMware Remote Console Plug-in\vmware-vmrc.exe” -h <サーバーのIPアドレス>:8333 -M 16

これで接続が可能です。

1 コメント :, , , , more...

CentOSを使ったLAN内用HAクラスタリングWEBDBサーバー構築 その4

by jun on 11月.18, 2010, under Linux

MySQLサーバーのクラスタリング再考

参考サイト:CentOSで自宅サーバー構築 「HAクラスタシステム構築(Heartbeat+DRBD+Apache)」

CentOSで自宅サーバー構築様には大変お世話になりっぱなしでございます。

その3ですでにMySQLサーバーがクラスタ化されましたので、WEB部分をHAクラスタ化すれば完成なのですがここで設計を振り返りました。

DRBDはディスクボリュームごとミラーリングするため、そのうえでDBが稼働していようが問題がないようでして・・・ただサイトによってはMySQLのデータベースは破損する可能性も示唆してあることもありMySQLはMySQLでクラスタ化してみました。

が、世間ではDRBD上にMySQLのデータフォルダを置くことで問題なく利用しているようです。

実際のMySQLサーバーの稼働状況を調べました。

エンジニア的に調べるよりも実利用状況として調べて掲載します。

VMware Infrastructure の管理画面から「Performance」タブで各PCのパフォーマンスチャートが見ることができます。

cpu稼働状況

9:47分頃 MySQLサーバーに郵便番号データ(7.13MBのCSVファイル)をインポートしてみる。
実行時間およそ10分程度。

10:12頃 MySQLサーバーにてインポートされたテーブルの全件表示の実行
実行時間およそ7秒。

以上の処理を実行したときの仮想サーバーのCPUとLANのトラフィックを見てみる。

CSVインポート時のグラフ

CSVファイルインポート WBCMainサーバー CPU

CSVファイルインポート WBCMainサーバー CPU

CSVファイルインポート WBCSubサーバー CPU

CSVファイルインポート WBCSubサーバー CPU

CSVファイルインポート WBCMainサーバー LAN

CSVファイルインポート WBCMainサーバー LAN

CSVファイルインポート WBCSubサーバー LAN

CSVファイルインポート WBCSubサーバー LAN

全件Select表示実行時のグラフ

SELECT全件表示 WBCMainサーバー CPU

SELECT全件表示 WBCMainサーバー CPU

SELECT全件表示 WBCSubサーバー CPU

SELECT全件表示 WBCSubサーバー CPU

SELECT全件表示 WBCMainサーバー LAN

SELECT全件表示 WBCMainサーバー LAN

SELECT全件表示 WBCSubサーバー LAN

SELECT全件表示 WBCSubサーバー LAN

さすがに7MBものCSVファイルをインポートして索引作成するときは1GHzくらいのCPUスペックを利用していますが、Selectごときには通常動作と差がわからないくらいです。ネットワークのトラフィックも7KBpsとギガLANからの複数トラフシックでも問題はでにくいかと思い、それならばロードバランサー実装のHeartbeat+DRBDにMySQLを実装しただけのほうが安全なのか・・・

運用実績のない私にとってとても悩んでしまいました。

また、悩ます原因のひとつはこのアクセス頻度・・・遠隔地においてVPN経由でも本当に大丈夫なんだろうか・・・

パケットサイズが小さくてもずっとこの状態が続きます。ちなみに撮影時はほぼ非稼働で、MySQLClusterのみが稼働の状態です。

コメントなし :, , more...



何かお探しですか?

以下にキーワードを入力してサイト内検索が可能です:

Still not finding what you're looking for? Drop a comment on a post or contact us so we can take care of it!