Midnightjapan

Tag: HAクラスタリング

CentOSを使ったLAN内用HAクラスタリングWEBDBサーバー構築 その1

by jun on 11月.17, 2010, under Linux, WEB

表題はすごいお題目ですが、結構簡単にできるようです。

前提

MySQL+PHPを使ったWEBDBサーバーの構築方法であるということ。

OSにはCentOSを使うが、以前から利用しているVMwareESXiを使ったHypervisorタイプの仮想環境で構築することで複数サーバーにみせかけてHAクラスタリングを構築し開発環境として利用することである。

実践的な運用方法ではないため、皆さんにおすすめできるような安全な構成のクラスタリングシステムではないことと、セキュリティーや運用については今後のJUNに期待するかご自分で検討しなければいけないことと理解してください。

それではまず仮想環境構築から。

1.VMwareESXi3.5によるPC1台で2台のサーバーを構築する

VMwareESXi3.5をインストールする際の注意は「VMware ESXiの導入」にて詳しく書いておりますのでそちらを確認してください。

LANカードについては「VMware ESXiの導入」にて失敗談を書きましたが、成功例は下記の通りです。

仮想サーバー構築で1台だけどできるだけ負荷を分散したりメリットを得られることを確信してLANカードを複数設置することが前提です。

私の場合は管理ポートx1、仮想用ポートx2を前提に設定してみました。

LANカード1枚でも複数の仮想サーバーを構築することができるので、不要な方は読み飛ばしてください。

・Intel製のLANカードを購入・もしくは利用することが前提(失敗談にだめだったLANカードサンプルもあります)
・HDDはSATAがいい。CDまたはDVDドライブはATAの0/0がデフォルトなので、セットアップ後に楽になる。

VMwareESXi3.5のインストールが終わったら、ローカルの画面で管理コンソールのIPなどを設定しブラウザでアクセス。

「VMware Infrastracture Client」を起動

Cofirgurationタブを選択してHardware>Network Adaptersを選択

VMware ESXi 複数LANカード設定

VMware ESXi Network Adapters設定画面01

このように認識していたら、仮想サーバー上で正常に利用することが可能でしょう。

上がオンボードのIntel製NIC。下の2枚が追加した「Intel PRO/1000 GT Desktop Adapter」秋葉原で新品3360円x2で購入しました。

Cofirgurationタブを選択してHardware>Networkingを選択

VMware ESXi Networking設定画面

VMware ESXi Netwaorking設定画面

デフォルトで設定されたネットワークがこちら。この上の右のほうにある「Add Networking…」をクリックしてネットワークを追加していきます。

ウイザードなので、つぎのように選択。

VMware ESXi add network wizard 01

VMware ESXi add network wizard 01

・Virtual Machine は、仮想サーバー向けのネットワークグループの構成という意味です。

・VMKernelは、VMwareESXi側に割り当てるリソースを意味していて、仮想サーバー構築時に選択するようなネットワークボリュームや、このネットワークの設定ではメンテナンス用にファイル共有サーバー専用のLANポートをチーミングで用意して、高速にデータ転送するようになど、用途に応じて高度なことが可能です。

今回は「Virtual Machine」を選択です。

VMware ESXi add network wizard 01

VMware ESXi add network wizard 01

どのLANカードでバーチャルスイッチを構成するかプレビューを見ながら選択できます。画面みれば一目瞭然ですね。

VMware ESXi Networking完成

VMware ESXi Networking完成

こんな構成になりました。

一番上は管理用のIPアドレスを割り当て。仮想サーバーの名称がでてしまっているのは仮想環境構築後にSSとったためです。

ご愛嬌ということでご勘弁を_(._.)_

仮想サーバーを構築して「Edit virtual machine settings」を設定し、ネットワークグループをプルダウンから選択できますので完了です。

VMware ESXi Virtual Machi Properties設定

VMware ESXi Virtual Machi Properties設定

あとは「Summary」タブから「OpenConsole」を開き、OSをインストールしていきます。

注意としてはCD/DVDドライブを認識しなくてもあわわてず、多少ゆとりを持ちながら待つことが大事です。

VMware ESXi ConsoleからISOイメージを選択

VMware ESXi ConsoleからISOイメージを選択

「Connect to ISO image….」を選択すると、操作しているPCのローカルからイメージを選択可能です。

起動までに若干時間がかかったりするので、あわてずさわがず待ってるとちゃんと動いてくれているようです。

(あわててさわいで、認識しねーよ!とオタオタしたJUNです。

次は「その2」でCentOS5.5 32bitをインストールします。

コメントなし :, , , more...



何かお探しですか?

以下にキーワードを入力してサイト内検索が可能です:

Still not finding what you're looking for? Drop a comment on a post or contact us so we can take care of it!