Midnightjapan

Tag: MacBook

MacBook で Parallels Desktop を使う場合のキーボード設定

by jun on 10月.17, 2014, under Apple, Mac, Mac OS X, MacBook Air, MacBookPro, Windows, Windows7

MacBook で Parallels Desktop を使う場合のキーボード設定を記録する。

約1年くらい面倒なので放置していた。

真剣にとりかかったがネットになかなか情報が無いので記録する。

MacBookProやMacBookAirの標準で付属するキーボードには「かな」「英数」キーがある。

BluetoothやUSBで接続する事もできるが、今回の話題では例外とする。

Mac上のParallels DesktopにWindows7やWindows8をインストした場合にMacBookProやMacBookAirの標準で本体に付属するキーボード「かな」「英数」キーがじつはWindowsで動かないのです。

マニュアルやガイドにもそれぞれ以下のように書かれている。

英数 → 無変換

かな → ひらがな

と、なっているが実際にはこのように反応する。

英数 → 割当なし

かな → 割当なし

これを解消するためには基本的にマニュアルをみていてもダメで、ネットに転がっている通りにやっても割当がないので全く同じように動作しない。

これを解消するためには、実はParallels Desktopがどのようにキーボードを認識しているか理解する必要がある。

たぶんバグなんだと思う、当方はParallels8時代に作成したWindows7-64bitの仮想環境で問題が発生している。Parallels Desktop 9 for Mac にしてもこの現象は解消しなかった。

新規でインストールしたらどうなるかはわかりません。

ご存知の方いたらコメントください。

この状況について前置きしておくと、抜本的な解決策はなく、状況に応じて以下の資料を参考に変更する必要がある。

MacrosoftでもParallelsでもどっちでもいいから対応してもらいたい。

どっちも放置なので、どっちもバカな会社である。

さて、本題を書こう。

Parallels Desktop キーボード設定01

Parallels Desktop キーボード設定01

最終の目標はこうなる予定です。

ただし、弊害はUSBでキーボードをつなげた場合は正常に認識しなくなるのでご了承願いたい。レジストリをいじる方法もあるが、同じように切り替えが必要で抜本的な解決にはなっていない。

しかし持ち歩けるMacBookで持ち歩き時を優先しないでUSBキーボード接続を優先するのは愚の骨頂であると私は思う。

ということでMacBookのキーボードに対応していきたいと思う。

デフォルトのデバイスマネージャーでのキーボードは以下のとおり。

Parallels Desktop  キーボード設定 デフォルト

Parallels Desktop キーボード設定 デフォルト

どうも上段がデバイス単位のキーボードらしい。外部USBであってもみんなこれで認識してしまう。これが現在の問題。

このHIDだとMacBookProの「かな」「英数」キーはどちらも認識しない。

Parallels Desktop キーボード設定01

Parallels Desktop キーボード設定01

まずは上段のHIDキーボードデバイスを日本語PS/2キーボード(106/109キー)で認識させるため、デバイスマネージャーから「HIDキーボードデバイス」を右クリックし、「プロパティ」を選択する。

Parallels Desktop キーボード設定02

Parallels Desktop キーボード設定02

上図の設定02ように「コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索します」を選択する。

Parallels Desktop キーボード設定03

Parallels Desktop キーボード設定03

上図の設定03ように「コンピューター上のデバイスドライバーの一覧から選択します」を選択する。

Parallels Desktop キーボード設定04

Parallels Desktop キーボード設定04

上図の設定04ように表示されたら、「互換性のあるハードウェアを表示」のチェックボックスをはずすと以下のように表示される。

Parallels Desktop キーボード設定05

Parallels Desktop キーボード設定05

設定05のように表示されたら、製造元:標準キーボード、モデル:日本語PS/2キーボード(106/109キー)を選択。

Parallels Desktop キーボード設定06

Parallels Desktop キーボード設定06

このような警告が表示されます。

実際に最初の所でもドライバーが正常に動作していないと表示されるのですが、この警告も無視して「はい」を選択します。

Parallels Desktop キーボード設定07

Parallels Desktop キーボード設定07

このように「このデバイスは開始できませんでした」と表示されても問題ありません。「閉じる」をクリックしてPCを再起動します。

これで完成して、日本語キーボードとして認識してくれます。

そしたら、以下のサイトなど参考にしてもよし、Parallelsのマニュアルみるもよし、手順通り設定できるようになりますよ。

私が書いたのは、以下のように設定する手前の設定ですからね。

お間違えの無いように。

MacのキーボードをWindows (Parallels Desktop 8) で使う時の、「かな」「英数」の文字入力切り替えを使いやすくしてみたAdd Star

2 コメント :, , , , , , more...

ノートパソコン考察 2014年7月

by jun on 7月.06, 2014, under Apple, Blog, MacBook Air, MacBookPro

Junの初めてであったノートパソコンはPowerBook140だった。
当時はまだ液晶もモノクロだったが、いまでもモノクロのハイコントラスト感がほしいくらいだ。

そこからMacintosh PowerBook Duo 280cになった。

カラーの9インチほどTFT液晶がとても高価であったが68040という当時デスクトップと同じスペックのCPUがあの薄っぺらい筐体に搭載されていた。

持ち運びもとても便利で、まだまだ汎用的ではなかったデータベース4th Dimensionsが機敏に動作していた。むりやりPhotoshop 1.0などを使ってもなんとか動いてしまうほどのスペックだった。

そのころからノートパソコンの歴史を調べるようになった。在籍したマック専門店には膨大な資料が残されていたので時間をかけて歴史を学んだ。

当時のAppleComputerはバカにされていた、パソコンを持ち運ぶということを真剣に考えて、価格こそ高かったが、MacintoshPortableやMacintoshPlusやSE,SE/30など、本気で持ち歩く製品を開発していた。

その歴史の中でも、PowerBookDuoシリーズは拡張ポートを持ち、DuoDockやminiDockという製品でデスクトップのように様々な拡張機器と合体することができる、まさに超合金ロボット世代には目がキラキラ輝くような機能をもっていた。

あとから聞いた話だが世界で人気となったSonyのVaioシリーズの開発者たちは、PowerBook100やPowerBookDuoに影響を受けていた事を聞くと、そりゃそうだと納得する。

そんなPowerBook140とDuoはPowerPC時代突入と同時に残念ながら手放した。

その後、PowerPC時代に購入したのがPowerBook2400Cを購入した、コンパクトでパワフルですっきりしたデザインがたまらなかった。

長いこと使ったが、徐々にモバイルよりもデスク上での作業が増えてきてよりパワフルなノートパソコンがほしくなり、購入したのがこちら。MacOS9.1とMKLinuxが起動切り替えで動作可能で2014年7月現在完動。

PowerBookG3 Wallstreet 14.1インチ292MHz Bootable MacOS9.1

PowerBookG3 Wallstreet

その後、またモバイルに重点を置きだすとG4世代に突入しました。
PowerBookG4 12″ Thresher 2014年7月現在、完動します。

PowerBookG4 12” Thresher MacOSX Server

PowerBookG4 12” Thresher

この2台はもう処分することも売ることもないでしょうね。このほかにも所有していましたがずいぶんと旅立っていきました。

一方Windowsにも興味がわき、モバイルを重視して購入してきた我が相棒たちがあります。ご覧ください。

日立 チャンドラ2 MMX133Mhz
こんなもの使えないと思っていてはまだまだモバイラーにはなれません。実はこれ秋葉原時代の先輩に頂いたのです。本当に使いまくりましたよ。Linuxの勉強もこれでしましたし、なによりバッテリーが安かったので大量に所持してとにかく持ち歩いてました。Windows98が 2014年7月現在、完動します。

HITACHI チャンドラ2

HITACHI チャンドラ2

ここからウルトラマンPC世代に走ります。一番のお気に入りはこれでした。
ThinkPad 240→ThinkPad i Series 1124 240はご愁傷様でパーツ交換用に保持しています。
けどなかなか乗りこなすのは大変でしたね。以外にいうこと聞いてくれなくて困りました。
それも含めてかわいかったんでしょうね。
PuppyLinux用が 2014年7月現在、完動します。

ThinkPad 240

ThinkPad 240

その後、高性能グラフィック搭載したプレゼンできるノートパソコンをテーマにこんな機種に手を出しました。
これも所有はしているのですが、大分調子悪くなって実家でオネンネしているので、フル稼働しているときの画像でご勘弁を。

Sharp Mebius PC-WA70L

Sharp Mebius PC-WA70L

そしていよいよ現代っぽくなってきます。
こういう流れからならなるほど、MacBookAirに手を出すのも理解できるかも。
というわけです。

MacBook Air 13

MacBook Air 13

で、やっぱりプレゼンしたいので、大きくなってMacBookProです。

MacBookPro 15 Retina

MacBookPro 15 Retina

全部でこんな感じ

ノートパソコン全起動

ノートパソコン全起動

捨てられないんですよね。人柱としては。。。。。デスクトップはここまで動作できるように保存していませんがやっぱりたくさんあります。そのうち写真にまとめられたらまとめてみます。

今日はここまで。

コメントなし :, , , , more...



何かお探しですか?

以下にキーワードを入力してサイト内検索が可能です:

Still not finding what you're looking for? Drop a comment on a post or contact us so we can take care of it!