Midnightjapan

Tag: TortoiseSVN

Subversion TroitoiseSVNでのコミットの取り消し

by jun on 5月.11, 2013, under Subversion

最近の仕事のまとめ

このお話はSubversionをサーバー/クライアント環境で構築してあることを前提とする。

開発はEclipse、バージョン管理はSVNと、この2つは手放せなくなってきました。
まだまだ上手に環境構築できていませんが、ちょっとずつ理解してきたことを記録しなくては・・・

[TortoiseSVN]について

http://tortoisesvn.net/

一言で言うとSubversionのWindowsGUIフロントエンドというかシェル統合型クライアントです。

SVNについてサーバークライアントで構築した場合、どうしてもファイル共有のイメージが先入観としてあったため

SVNチエックアウト => サーバーからローカルに受診
ロック => 共有状態にロックをかけて多重編集を阻害する
SVNコミット => ローカルで編集した内容をサーバーに送信

リポジトリブラウザ => サーバーのバージョン状態を確認する

となっていると、サーバーのファイルを操作するのはリポジトリブラウザでしょう!って思ってました。

そこで、更新内容をSVNコミットしたあとに「あ。やっちまったぁ」なんてことがあるとSVNコミットを取り消したいことがある。

この時に、SVNコミットを取り消すときにリポジトリブラウザでログを確認していた。

サイトなどで調べると、ログからなんて書いてあるが、環境のことなんて書いてないのでこんなふうに表示されてサイトで書いてある、「このリビジョンにおける変更を取り消す」なんて書いてないじゃん!となる。

個人的には権限?バージョン差?なんておもって理解できなくなり、ショボーンでした。

これを調べてみたので、かなり詳細に記録をとってみた。

「実際の手順」

1.リポジトリブラウザではなく、チェックアウト済みのローカルのフォルダを右クリックしてコンテキストメニューから「ログを表示」を選択

Subversion ToritoiseSVN コミットの取り消し方法1

Subversion ToritoiseSVN コミットの取り消し方法1

2.ログから取り消したいSVNコミットを選択してあとに右クリックしてコンテキストメニューを開くとこうなる

Subversion ToritoiseSVN コミットの取り消し方法2

Subversion ToritoiseSVN コミットの取り消し方法2

Subversion ToritoiseSVN コミットの取り消し方法3

Subversion ToritoiseSVN コミットの取り消し方法3

Subversion ToritoiseSVN コミットの取り消し方法4

Subversion ToritoiseSVN コミットの取り消し方法4

※これでSVNコミットの取り消しはできました。ただしこの時点ではまだローカルが更新されただけです。さらにこれをサーバーにSVNコミットしないとSVNコミットの取り消しはされません。

そうです、SVNコミットの取り消しもSVNコミットするのです。

なるほど!わからなかったのは私だけでしょうか?w

3.チェックアウト済みのローカルのフォルダを右クリックしてSVNコミットすると取り消されたことがログに残ります。

Subversion ToritoiseSVN コミットの取り消し方法5

Subversion ToritoiseSVN コミットの取り消し方法5

その後はいつもどおりなので、よろしく!

以上、記録として。

コメントなし :, , more...



何かお探しですか?

以下にキーワードを入力してサイト内検索が可能です:

Still not finding what you're looking for? Drop a comment on a post or contact us so we can take care of it!