Midnightjapan

Tag: Ubuntu

VMWare ESXi 3.5.0にLANカード「Corega CG-LAPCIGTR」を増設(失敗編

by jun on 11月.16, 2010, under Linux

結果からいうと表題の件はできませんでした。

増設をお考えの方がもしきたらごめんなさい。

悪気はないんです。

すでに構築済みのサーバーであったが、やはり元々の性能が遅いこともありどうにかするためネットワークだけでも早くならないものかと考え、調べもしないでLANカードを購入してきました。

「Corega CG-LAPCIGTR」PCIバスのたぶんRealtekチップLANカード ヨドバシカメラ秋葉原で¥1,780を2台購入。

決して悪いLANカードではないのだが、今回わたしの用途ではかすりもしなかったということで・・・特に名指しに悪意はありません。

勿体ないので、100BaseのすべてのPCにギガカードをとりつけてやりました。

調べてみればみんな同じようなことしてます。

Intel製のLANカードくらいしか自動で認識しないので、苦労してドライバーをソースから抜いてきて追加しないかぎり認識しません。

HypeVisor側で認識してないのですから仮想側でも認識するわけもありません。

少し調べるだけで、無駄なお金を使わなくてすむというとてもためになる教訓をまたまた思い出しました。

反省 _(._.)_

そんなわけで調べました。

HyperVisorタイプのサーバーの中身ってどうなの?ってことで改造ついでにUbuntuのLiveCDで起動してパーティションなんかじっくりみてやりました。

VMwareESXiパーティション

Ubuntu Diskツールで見たVMwareESXiパーティション

なんでFAT16が・・しかも4GBって Ψ(`∇´)Ψ

■ Hypervisor0 4.2MB FAT(16bit,Boot可能)

Ldlinux.sys

mboot.c32

safeboot.c32

syslinux.cfg

などのファイルが入っている。

■ Hypervisor1 4.2MB FAT(16bit,拡張領域内(/deb/sbd1))

binmod.tgz

boot.cfg

cim.tgz

environ.tgz

license.tgz

oem.tgz

state.tgz

vmkernel.gz

なんてファイルが入っている。

■ Hypervisor2 50MB FAT(16bit,拡張領域内(/deb/sbd1))

boot.cfg

だけが入っている。仮想PC作るとなんかできそうな感じ。

■ 不明未フォーマット 115MB (拡張領域内(/deb/sbd1))

Hypervisor2とHypervisor3の間にある。たぶん仮想サーバーを構築するとここにパーティションが増えるんではないかと予想。

■ Hypervisor3 566MB FAT(16bit,拡張領域内(/deb/sbd1))

/conf

/db

/etc

/opt

/packages

/var

/vmupgrade

ここにはVMwareESXiサーバーの本体があるのかなぁ。そんな感じの構成ですね。

こんなこと書いてなんかのためになるとは思いませんが、ちょっと遅いけどこういう用途にはLiveCDはすばらしいですね。

さてIntelのLANカード買わなくちゃ・・・Orz

コメントなし :, , , more...

Grub2起動画面のカスタマイズ

by jun on 11月.15, 2010, under Linux

ノートパソコンにUbuntu9.10をインストールして利用している。

Grub2によって起動時にWindows/Ubuntuを選択して利用可能。

これがまた硬い表示なので、すこし変更します。

GRUB2の設定ファイルは[/boot/grub/grub.conf]です。残念ながらこれを直接編集することはできません。

このファイルは,/etc以下にある設定ファイルを書き換え、最後に「update-grub2」というコマンドで自動生成されます。

1)「/etc/default/grub」を編集して起動時の動作設定をする(わたしはデフォルトのまま)

2)背景画像を1024×768サイズのtga形式で作成「/boot/grub」内に保存。

$ sudo cp picture.tga /boot/grub

3)「/etc/grub.d/00_header」を編集して解像度を指定します(ビデオカードドライバーに強く依存するのでご注意を)。

sudo gedit /etc/grub.d/00_header

38行目と47行目にあるgfxmodeの行を「set gfxmode=1024×768」に変更。

4)「/etc/grub.d/05_debian_theme」を編集して文字色/背景画像を指定します。

$ sudo gedit /etc/grub.d/00_header

16行目の画像ファイルの名前を変更します。

for i in {/boot/grub,/usr/share/images/desktop-base}/picture.{png,tga} ; do

39行目と40行目を変更して,表示される文字色を指定します。

set color_normal=white/black
set color_highlight=light-red/black

(dark-gray,light-blue,light-green,light-cyan,light-red,light-magenta,yellow,whiteの中から選択)

詳しくはGrubのページで確認してくださいね。

5)「update-grub2」を実行して設定を反映します。

$ sudo update-grub2

これで完成。

コメントなし :, more...

VMware ESXiの導入

by jun on 5月.20, 2010, under Linux

サーバーのリビルドを行うなど、年に1回あればいいのですが、探究心の多い私は今年8度目のシステム再構築。
せっかくなので、今回はVMware Server on CentOS ではなく、CentOS & Ubuntu on the VMware ESXiにしてみようじゃないかと!

そうです。ハイパーバイザータイプにはじめての挑戦です!

それではレシピです。古いほうのサーバーを消去して再構成することに。

性能が低いのはわかっていますが、いきなり本サーバーにいれるのはどうかと・・・いうことでこんなサーバーにいれます。

Pentium4 2.2GHz(Northwood:Socket 478) メモリ:3GB/HDDいっぱい。

さて、ハードディスクをぼこぼこいれまして、さぁこれからセットアップ。

VMwareのサイトからユーザー登録して、ダウンロードしました。

無事ISOをDVDに焼き、DVDから起動!

おお、無事に起動して、さぁセットアップ!

■■ トラブル発生 ■■

すこーしだけ予想はしてたんだ・・・でも、こうもあっさり未対応とは・・・

いいか、VMware ESXi4.0 は64bitです。64bitに対応していないPCでは利用できません。

32bitの人はVMware ESXi3.0系を使いましょう。(誰に言ってるんだ俺は?w

ダウンロードに戻る。

【VMware ESXi Installable Update 5 Refresh?バージョン 3.5 Update 5】をダウンロード。

今度こそ。・・・・ごごごご・・・

無事にインストールを始めるが、思いつきでうまくいったセットアップなど1度もない。

案の定、トラブル発生。

BIOSで特に設定していなかったもので、SATAのHDDがUATAとして動作するようになっていたためESXiがドライブないぞと怒っていたようです。

素直にSATAモードにしてあげて、事なきを得ましたがUATAドライブもえらいあまっているので、使う場合は下記参考に。

http://www.vm-help.com/esx/esx3i/ESXi_install_to_IDE_drive/ESXi_install_to_IDE_drive.php

無事にインストール画面にすすむことができ、セットアップ中。

そしてIPアドレスとrootの設定を行い、クライアントPCのブラウザからIPアドレスを入力。

うーん、ニヤリ。
やっと動いて無事にクライアントからログインできました。
さっそく仮想を構築します!
コメントなし :, , , , more...

Android SDK + Eclipse 開発環境をUbuntu9.1.0に組み込む

by jun on 2月.15, 2010, under Android, Android, Linux, Programing

Android開発環境を作らなければ・・・がんばりました。

完成。

Andoroid開発環境 on Ubuntu9.1.0。

がんばるぞー!

コメントなし :, , more...



何かお探しですか?

以下にキーワードを入力してサイト内検索が可能です:

Still not finding what you're looking for? Drop a comment on a post or contact us so we can take care of it!