Midnightjapan

Tag: Windows7

MacOSX Server(Yosemite)へ Windows7からSMB(ファイル共有サーバー)に接続できない。

by jun on 2月.05, 2015, under Apple, Mac OS X, Network, Windows, Windows7

JUNが仕事中にWindowsのファイル共有という非常によく使ういつもの機能が突然使えなくなったとの連絡を受け、調べたことを記録する。

【環境】

サーバー:MacOSX Server 10.10(Yosemite)

クライアント:Windows 7 SP1

よくある環境だが、全部ではなく一部のPCでのみ症状が発生した。

詳しく調べてみるとWindows 7にはMicrosoft?EMET(Enhanced Mitigation Experience Toolkit) 4.1というソフトが入っていた。また、ごく一部では入っていないものもあった。

これは何かといいますと・・・・詳しくはWEBでw

概要だけ言うとセキュリティー強化ツールでございまして、これをインストするとセキュリティーレベルが上がります。

ですからEMETにかかわらず、何かしらの理由でセキュリティーレベルを強化した場合、MacOSX Server(Yosemite)のファイル共有サーバーには接続できなくなる可能性があります。

理由はMacOSX Server(Yosemite)のバージョンアップに伴い、Sambaのバージョンが上がることでより認証がより厳密になったためだと思われます。

ですから類似の問題の場合は、傾向として参考にしてくださいね。

まったく同じ環境なら、記事の通り対応すれば解消するはずです。

Yosemite Smaba 3
Marvericks Smaba 2 or 1
Mountain Lion Smaba 1 or 2

Samba3は認証も細かく拡張されていてクライアントによって認証を変えているようですから、環境によってはもう少し細かい資料が必要かもしれません。

【症状】

症状としてはファイル共有サーバーに接続する際に、アカウントかパスワードが違いますといわれます。

パスワードがあっていても、会話するプロトコルや認証方式が違えばアカウントかパスワードが違いますといわれますので、ここら辺の切り分けが難しいところですね。

今回の原因はサーバーではなく、クライアントの認証方式でした。ゲストでアクセスできない場合なども同じところをチェックするといいかもしれません。

【解消方法】

レジストリエディタから

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Lsa を開き

LmCompatibilityLevel → 3 を設定

設定後必ず再起動!

これが未定義(未定義であればデフォルトで3:NTLMv2応答のみ送信する)、または「NTLMv2応答のみ送信する」になっていればWindows7の場合は接続できるはずです。各認証について簡単に以下の通りまとめた。

引用元:Apple Support Communities「Cannot login on OS X Server from Windows PC」

LANMAN認証 Windows95などでサポートされている古い認証方式でパスワードに大文字小文字の区別がない。Samba3.0では、コンピュータがNTLM認証を行うとLANMAN認証機能が無効化される。
NTLM認証 WindowsNT以降でサポートされる認証方式でパスワードに大文字小文字の区別があり、14バイトまでのパスワードが利用可能。
NTLMv2認証 Windows2000以降で利用される認証で、暗号化、デジタル署名、SPNEGOをサポートしている。Samba3.0からサポート。Samba 2.2ではWindows XPからドメインログオンするときはセキュリティオプションで「ドメイン メンバ:常にセキュリティ チャネルのデータをデジタル的に暗号化または署名する」を無効に設定する必要があったが、Samba 3.0からはこの設定が不要になった。

このほかにKerberos認証もOpenDirectoryで実装していそうですが、Samba3で応答するのかは不明です。研究の余地がありそうですね。

これで認証が正常にできるようになりました。めでたしめでたし。

6 コメント :, , , more...

VMware server 2 Remote Console Plug-InをWindows7 64bitで利用する。

by jun on 11月.23, 2010, under Linux

VMware Server 2を稼動してから半年がたとうとしている。

いろいろ立ち上げには苦労したけれど、今ではほぼノーメンテナンスで動作している。

時間がたつと困ることはサーバーは変わらずともクライアントはメーカーの努力により進化してくるということ。

わたしもついに表題のような利用環境の構築を余儀なくされた。

VMware Server 2 はLinux上で32bitで稼動中。

クライアントは64bit Windwos7。

この環境では少なくとも私の環境では動作しなかった。32bit windows7では問題なし。

そこで解決策を見つけ環境が整ったので下記にメモをする。

まずはLinux版のVMware Server 2 の管理画面にブラウザでアクセスする

https://サーバーアドレス:8333/

管理画面からコンソールタブを開くと「Install plug-in」というリンクがあるので、クリックする。

そうです。ここで躓いた人はブラウザが対象外ということです。

IE8/9対応。FireFoxとChromeとSafariは動作しません。

このPlug-inがインストールされるとブラウザから仮想サーバーの画面にアクセスできる。

ところが「Summary」タブを使って「Generate Virtual Machine Shortcut」からショートカット作成し直接仮想画面を表示することができる。

これは、Playerなどと同じように別のアプリケーションで開くのと同じです。

トラブルによりプラグインをインストールできない、またはダウンロードできない場合は下記からファイルをとりだしてください。

/usr/lib/vmware/webAccess/tomcat/apache-tomcat-6.0.16/webapps/ui/plugin/

プラグインのインストールが終わったら使えるように思いますが、残念ながら使えません。

「Generate Virtual Machine Shortcut」を実行しても作ることができません。

そこで、インストールされた「vmware-vmrc.exe」を使って直接ショートカットを作ります。

細かいオプションも正確かわかりませんし、強制接続のようなもなのでおすすめはできません。

正常にできないので問題の解決策としてとらえてください。

1)ショートカット作成

2)プロパティー編集

3)リンク先を変更

“C:\Program Files (x86)\Common Files\VMware\VMware Remote Console Plug-in\vmware-vmrc.exe” -h <サーバーのIPアドレス>:8333 -M 16

これで接続が可能です。

1 コメント :, , , , more...

IVT Bluesoleil 6 + Windows7

by jun on 6月.16, 2010, under Bluetooth

IVT社の Bluetooth コントロールソフト「Bluesoleil」がVersion6.4.314.3になりました。

このソフトはすばらしいのですが、はっきりって対応が悪く遅い。

Bluetoothのドングルは東芝製ではそもそも動きませんでした。

対応ハードは「Cambridge Silicon Radio」のBluetoothアダプターのみです。

日本国内では依然Logitechが販売していましが、現在はあまり見かけません。

新しいバージョンでどうかは知りません。これから試してみます。

しかも、Windows7へ対応!サンプルダウンロード!マルチランゲージ対応!でも、動きません。

そういうものなんです。サポートに電話してもだめですよ。無駄に電話代がかかるだけです。

それでもVersion6になって、そろそろ動くだろうとIVTに行ってみたらなかなかいろいろなプラグインを開発していました。

今後も見据えてCE用のappも開発してるんですね。

というわけで、購入してみました・・・が・・・

うごかねんだけど・・・Orz

なんか縦の棒みたいになって、なんとかわけわかんないところクリックするとことはできるけど、なんだよこれ・・・SDK間違ってるのか?

いままでで最もひどい対応だ・・・Orz こらひどい。

相変わらず見た目重視にしてDirecXのI/Fにしてるので、こら言語の問題なんじゃないかってことで

英語でインストールしてみる。

動いた ・・・っほ・・・・ アクチも無事に完了。

プラグインも全部インストールしました。

画期的なプラグインは、「BlueSoleil cPhoneTool」でしょうか。

これは携帯の操作ができるプラグインで、構成しだいですが

PCから携帯の発信、着信、SNSの送受信が可能になっています。

ただ、日本のデバイスは完全に反映されているわけではないため詳しく調査する必要があります。

日本語のメニューでは使えないため、普通の方は東芝のBluetooth Managerのほうが使いやすいでしょう。

次はUbuntu用のソフトを購入予定です。

乞うご期待。

コメントなし :, , , more...



何かお探しですか?

以下にキーワードを入力してサイト内検索が可能です:

Still not finding what you're looking for? Drop a comment on a post or contact us so we can take care of it!